2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本が1位、韓国2位、「パスポートランキング」で躍進するアジア勢―米メディア

配信日時:2019年1月10日(木) 15時50分
日本が1位、韓国2位、「パスポートランキング」で躍進するアジア勢
画像ID  1058168
9日、米華字メディア・多維新聞網は、英調査会社が実施した世界各国のパスポートの自由度を比較した最新ランキングで、日本が1位になったと報じた。資料写真。
2019年1月9日、米華字メディア・多維新聞網は、英調査会社が実施した世界各国のパスポートの自由度を比較した最新ランキングで、日本が1位になったと報じた。

記事は、米CNNの9日付報道を引用。英調査会社ヘンリー&パートナーズが発表した最新の「ヘンリー・パスポート・インデックス」にて、日本がビザなし渡航または到着時のビザ取得可能な国・地域(以下「ノービザ対象国」)数190で昨年に続きトップの座を守ったという。また、中国本土のランクはこの2年で20ランク上昇して69位となり、ノービザ対象国数は74に達しているとのこと。

2位は韓国とシンガポール(189カ国・地域)で、上位3カ国をアジアが独占する形となった。この状況についてシンガポールのコンサル企業フューチャーマップの創始者Parag Khanna氏は「トップ3に加えて、他のアジア諸国の進歩も顕著だ。これは、多くのアジア諸国が快適性の高い相互利益を持つ商業移民レベルを保っていることの表れだ」と語っているという。

一方で、欧州諸国も上位に多く名を連ねており、フランスとドイツが3位(同一順位が複数であっても次の順位数を飛ばさない)、デンマーク、フィンランド、イタリア、スウェーデンが4位、ルクセンブルクとスペインが5位、オーストリア、ノルウェー、ポルトガル、スイスが6位に入った。米国と英国も6位だった。

なお、台湾は28位(同一順位の重複を考慮した場合は58位)だった。中国本土は2017年の85位、昨年の71位からさらに上昇して69位(同117位)となり、ノービザ対象国は17年の51から74にまで増えている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ser***** | (2019/01/11 09:32)

    世界中で犯罪を起こしまくって迷惑をかけ、 先進国で不法滞在をしては「売る春(と書く商売)」や その他の違法な商売をしまくっているサウスコリアが2位? こんな人種が日本人の次に国際的な信用を得ているなんて、 絶対に信じられん。 日本でも、「闇商売」で摘発されたり犯罪を犯す奴らは 大抵サウスコリアンだろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事