【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本ではなぜ空き家が増加しているのか―中国メディア

配信日時:2019年1月12日(土) 16時30分
日本ではなぜ空き家が増加しているのか―中国メディア
画像ID  1058365
中国のSNSで最近、「日本の空き家が無料でもらえる」というのが大きな話題となり、中国のネットユーザーらは目を丸めている。写真は高島平。
中国のSNSで最近、「日本の空き家が無料でもらえる」というのが大きな話題となり、中国のネットユーザーらは目を丸めている。瞭望東方周刊が伝えた。(文・陳言、メディア関係者、日本問題専門家)

実際のところ、日本では早くから「空き家」が増え続けていることが問題となっていた。日本政府は5年に一度、住宅・土地統計調査を実施しているが、2013年の調査結果によると、総住宅数は6063万戸で、空き家数は820万戸だった。そして、18年の総住宅数に変化はあまりなかったものの、空き家数は870万戸にまで増えた。つまり、過去5年間、日本では年間10万戸のペースで空き家が増えたことになる。

16年、日本の住宅専門雑誌は、20年後には空き家数が2000万戸にまで増えると予想している。つまり住宅3戸につき1戸が空き家になることになり、さらにそのかなりの部分が所有者のいない物件となり、譲渡すらできない状態になると予想されている。

最近日本に数回行った筆者は、空き家の増加は農村や郊外だけの問題ではなくなってきていると感じている。首都の東京でさえ空き家が明らかに増えたからだ。

東京板橋区高島平はその典型的な例だ。同地域は都営住宅が多く、地下鉄に乗って20分ほどで中心業務地区(CBD)の大手町に行くことができ、アクセスも非常に便利だ。スーパーやクリーニング店、喫茶店、幼稚園、小中高校なども全て揃っている。

筆者が30年前に東京で仕事をしていた時、何度も行ったことがあり、そこで家を借りたいと思っていた。しかし、当時は家を借りるために抽選に参加しなければならないほどの人気エリアで、何年待っても当たらないという人も多かった。

ところが、それから30年がたち、再び高島平に行ってみると、人の数が明らかに以前よりも減っていた。

以前なら何時にスーパーに行っても、大勢の客で賑わっていた。そして、割引商品コーナーには、人だかりができ、表示されている値段しか見えず、商品は見えないということも多かった。

今回は多くの人が仕事を終えて家に帰り食事を作る夕方の時間帯にスーパーに行ってみたが、客は少なかった。割引コーナーもたくさんあったものの、人だかりはまったくできていなかった。

ある喫茶店に行き、70代のマスターと話をすると、「最近は人が本当に少ない。以前なら外国人もたくさんいたけど、日本での仕事が終わり、すぐに帰国してしまった」と話してくれた。

「なぜ今はこんなに人が減ったのか?」と聞いてみると、「私たちの世代の人は老人ホームに入る年になった。でも、ここに引っ越して来る若者はほとんどいない。たくさんある都営住宅も5分の1くらいは空き家になっている」とため息交じりに答えてくれた。

端的に言えば、人口減少と少子化、深刻な高齢化が、日本で空き家を年々増加させている根本的な原因だ。

帰り道に不動産屋の前を通った時、一戸建ての家賃を見て見ると、30年前に比べてほぼ半額となっていた。そして、宵闇が深まるにつれ、街中も一層ひっそりとした雰囲気になっていた。

ホテルに戻り、スマホで「空き家」と検索して見ると、「空き家無償譲渡」や「一戸建ての空き家」、「空き家バンク」、さらに「無価値化」などの関連ワードが表示された。

30年前、日本でも住宅購入ブームが起き、東京の不動産価格は過去最多を記録した。しかし、それから30年が過ぎ、多くの不動産が「無価値化」してしまったということを考えると、虚しささえ感じる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2019/01/15 10:15)

    空き家は田舎の話。都会のマンション依然と人気高いし、値段も上昇中。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/12 17:43)

    人口減少は〈空き家率増加〉の一因に過ぎない。いくら日本の人口が減ったといえまだ1憶人以上もいるのだ。都心の一等地に空き家が目立つ理由はそれだけではない。中国では不動産の個人所有が認められていないため、居住者がいなくなれば自由に次の住人を入居させるか、家を取り壊すことが出来る。しかし日本では不動産の相続人と連絡が取れなければ、空き家のまま放置するしかないのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事