意外なコメディー作品が史上最高ヒット王手!中国映画界の奇跡へ―中国

配信日時:2012年12月24日(月) 20時40分
意外なコメディー作品が史上最高ヒット王手!中国映画界の奇跡へ―中国
画像ID  362916
23日、公開中のコメディー映画「Lost in Thailand」が異例のヒット。時代劇ホラー映画「画皮2」による中国映画史上最高の興行記録に追いつく勢いを見せている。写真は北京プレミアより。
2012年12月23日、公開中のコメディー映画「人再●途之泰●(●=「口」の中に「ル」+「口」の下線なし)」(英題・Lost in Thailand)が異例のヒット。時代劇ホラー映画「画皮2」による中国映画史上最高の興行記録に追いつく勢いを見せている。法制晩報が伝えた。

その他の写真

今月12日に封切られたが、1週間で興行収入が5億元(約68億円)を突破。今年7月に公開され、現時点で中国映画史上最高ヒットとなった映画「画皮2」の週間記録を抜き去り、クリスマスまでに6億元(約81億円)超えは確実なものに。7億元(約95億円)を突破して驚かせた「画皮2」に対し、10億元(約135億円)を実現する可能性も見せている。

「画皮2」の1億5000万元(約20億円)に対し、「人再●途之泰●」は製作費3000万元(約4億円)と、かなりの低コスト作だ。人気女優のファン・ビンビン(范冰冰)が友情出演し、中国映画界でいま最も稼げるとされる遅咲き俳優ホアン・ボー(黄渤)が出演しているが、ヴィッキー・チャオ(趙薇)、ジョウ・シュン(周迅)、チェン・クン(陳坤)と華やかなスターを揃えた「画皮2」と比べ、かなり見劣りする。

舞台出身の俳優シュー・ジェン(徐[山争])が初めて監督を手がけた作品。ファン・ビンビンはシュー・ジェンにラブレターを送られてアプローチされ、そこに書かれた熱意に感動してノーギャラ出演を決めたという。前評判も高くなかったこの作品が、どこまで記録を伸ばして奇跡を見せるのか注目されている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事