Record China

ヘッドライン:

日韓のレーダー照射問題、中国軍事ウオッチャーの見解は―中国メディア

配信日時:2019年1月9日(水) 11時10分
拡大
8日、環球網は、韓国軍が日本のP1哨戒機にレーダーを照射した問題について、軍事ウオッチャーの見解を紹介した。資料写真。

2019年1月8日、環球網は、韓国軍が日本のP1哨戒機にレーダーを照射した問題について、軍事ウオッチャーの見解を紹介した。

韓国国防部は7日、「P1哨戒機が火器管制レーダー照射による威嚇を受けた」とする日本側の主張に対して「救難レーダーを出しただけであり、威嚇していない」「逆に哨戒機が威嚇的低空飛行をしてきた」などと反論、非難した。そして、日本に対して謝罪を求めるとともに、哨戒機が収集した電波情報の共同分析を提案した。

記事は、軍事ウオッチャーの見解として「P1哨戒機は日本の最新海上哨戒機であり、データー信号をキャッチしたのは当然のこと。韓国はあくまで『火器管制レーダー』を使っていないと主張しているだけで、レーダーの使用自体は否定していない。現場の緊迫した状況を考えると、日本の哨戒機による行為はかなりの威嚇性があったように見える」と伝えた。

また、「もしP1哨戒機が本当に速やかに『異常かつ不明』な電磁波信号を解析できたならば、相当な技術能力を持っていることになり、韓国のレーダーの重要な技術パラーメータを掌握さえしていることになる。韓国軍による共同分析の申し入れには二つの意味付けがある。日本が分析に応じなければ、韓国側の主張を黙認することになり、仮に応じれば韓国に自らの技術を明かし、韓国の火器管制レーダー改良を手伝うことになる」としている。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日韓レーダー照射、韓国がさらなる映像公開で“国際世論戦”に拡大=韓国ネットも支持

7日、韓国・ヘラルド経済によると、日本の海上自衛隊のP1哨戒機が韓国の駆逐艦からレーダー照射を受けた問題で、韓国国防部が近日中に反論動画の日本語版などをインターネット上に公開することが分かった。写真は海上自衛隊のP1哨戒機。

Record China
2019年1月7日 11時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング