【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日韓のレーダー照射問題、中国軍事ウオッチャーの見解は―中国メディア

配信日時:2019年1月9日(水) 11時10分
日韓のレーダー照射問題、中国軍事ウオッチャーの見解は
画像ID  1057812
8日、環球網は、韓国軍が日本のP1哨戒機にレーダーを照射した問題について、軍事ウオッチャーの見解を紹介した。資料写真。
2019年1月8日、環球網は、韓国軍が日本のP1哨戒機にレーダーを照射した問題について、軍事ウオッチャーの見解を紹介した。

韓国国防部は7日、「P1哨戒機が火器管制レーダー照射による威嚇を受けた」とする日本側の主張に対して「救難レーダーを出しただけであり、威嚇していない」「逆に哨戒機が威嚇的低空飛行をしてきた」などと反論、非難した。そして、日本に対して謝罪を求めるとともに、哨戒機が収集した電波情報の共同分析を提案した。

記事は、軍事ウオッチャーの見解として「P1哨戒機は日本の最新海上哨戒機であり、データー信号をキャッチしたのは当然のこと。韓国はあくまで『火器管制レーダー』を使っていないと主張しているだけで、レーダーの使用自体は否定していない。現場の緊迫した状況を考えると、日本の哨戒機による行為はかなりの威嚇性があったように見える」と伝えた。

また、「もしP1哨戒機が本当に速やかに『異常かつ不明』な電磁波信号を解析できたならば、相当な技術能力を持っていることになり、韓国のレーダーの重要な技術パラーメータを掌握さえしていることになる。韓国軍による共同分析の申し入れには二つの意味付けがある。日本が分析に応じなければ、韓国側の主張を黙認することになり、仮に応じれば韓国に自らの技術を明かし、韓国の火器管制レーダー改良を手伝うことになる」としている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事