【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日韓のレーダー照射問題、中国軍事ウオッチャーの見解は―中国メディア

配信日時:2019年1月9日(水) 11時10分
日韓のレーダー照射問題、中国軍事ウオッチャーの見解は
画像ID  1057812
8日、環球網は、韓国軍が日本のP1哨戒機にレーダーを照射した問題について、軍事ウオッチャーの見解を紹介した。資料写真。
2019年1月8日、環球網は、韓国軍が日本のP1哨戒機にレーダーを照射した問題について、軍事ウオッチャーの見解を紹介した。

韓国国防部は7日、「P1哨戒機が火器管制レーダー照射による威嚇を受けた」とする日本側の主張に対して「救難レーダーを出しただけであり、威嚇していない」「逆に哨戒機が威嚇的低空飛行をしてきた」などと反論、非難した。そして、日本に対して謝罪を求めるとともに、哨戒機が収集した電波情報の共同分析を提案した。

記事は、軍事ウオッチャーの見解として「P1哨戒機は日本の最新海上哨戒機であり、データー信号をキャッチしたのは当然のこと。韓国はあくまで『火器管制レーダー』を使っていないと主張しているだけで、レーダーの使用自体は否定していない。現場の緊迫した状況を考えると、日本の哨戒機による行為はかなりの威嚇性があったように見える」と伝えた。

また、「もしP1哨戒機が本当に速やかに『異常かつ不明』な電磁波信号を解析できたならば、相当な技術能力を持っていることになり、韓国のレーダーの重要な技術パラーメータを掌握さえしていることになる。韓国軍による共同分析の申し入れには二つの意味付けがある。日本が分析に応じなければ、韓国側の主張を黙認することになり、仮に応じれば韓国に自らの技術を明かし、韓国の火器管制レーダー改良を手伝うことになる」としている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/01/10 12:53)

    中国は韓国を自国の陣営に組み入れたいので、韓国の肩を明らかに持っている。韓国はこれを喜んではいけない。中国(オオカミ)は赤ずきんちゃん(韓国)を食べようと優しいおばあさんを装って待っているのであり、赤ずきんちゃんが近づけば命を危険に晒す。この記事は根本的なところを無視しているところに公平な第三者でないところが露呈している。なぜ威嚇を受けたなら韓国海軍は日本に無線で注意せず、沈黙を続けたのか?しかも海自の数度の呼びかけにも沈黙を貫いたのか?答えられまい。
    このコメントは非表示に設定されています。
    61 6
  • アメポ***** | (2019/01/10 12:04)

    安倍の祖父である岸信介は、統一教会の開祖文鮮明と、北の初代将軍金日成とも仲が良かったという。そしてそれを裏付ける写真も残っている。 北朝鮮による朝鮮半島の統一は将軍家の悲願だが、韓国の「従北」と揶揄される勢力はそれを望んでいるらしい。現在の文在寅政権も従北だと言われている。 そういう韓国の「従北」勢力による世論誘導は近年勢いを増し、無軌道な「反日」という方向性を強くしている。日米韓の同盟で日韓が反目し続ければ同盟は成り立たない。そして安倍は、まるで文在寅と示し合わせているかのように、日韓の世論を反目する方向で誘導している。 このレーダー照射もそういう茶番劇の一つである気がしてならない。 韓国と日本が反目し合えば北朝鮮による併合はやりやすい。また、文在寅は明らかに北寄りだ。そして安倍の移民法案のゴリ押し。半島で何か起こると知っているのではないか? 将軍家の悲願達成は目前なのではないだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sea***** | (2019/01/10 03:06)

    中国の目的は日米韓の防衛関係に亀裂を入れること。 北は中国なしには生きていけないし南も引き入れて朝鮮半島を中国の支配下におこうとしている。だから何があっても韓国よりの見解になる。 日米の絆は固いが韓国はフラフラだからな。 残念ながら早いうちにそうなるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事