【募集中】韓国語社内スタッフ

あの人気俳優が中国進出!日中芸能事情に変化、片思いの親日は今や過去に?

配信日時:2019年1月9日(水) 21時40分
あの人気俳優が中国進出!日中芸能事情に変化、片思いの親日は過去?
画像ID  1057652
日本の芸能界はこれまであまり中国市場を重視しておらず、中国に進出する俳優は少なかった。しかし今、その状況に変化が起きている。写真は映画「マンハント」の福山雅治。
中国人は日本のアニメ・映画が大好きだ。1970年代の高倉健映画に始まり、スポ根ドラマ「燃えろアタック」、アニメ「ドラえもん」や「スラムダンク」など、どの世代にも夢中になった作品がある。日中関係が微妙な時期も「政治と文化は切り離して考えるべき」との冷静な意見が聞かれるほど。日本のアイドルや俳優のファンも多く、その熱さや情報量は目を見張るものがある。一方、日本の芸能界はこれまであまり中国市場を重視しておらず、中国に進出する俳優は少なかった。しかし今、その状況に変化が起きている。

■中国で日本作品が続々公開、キーワードは「実写化」と「リメーク」

中国人の日本アニメ好きはよく知られるところだが、近年は日本の映画やドラマの中国輸出が増え、人気を集めている。著作権保護意識が希薄だった時代は海賊版やネット上にアップロードされた動画で日本の作品を見る人が多かったが、大手動画共有サイトが著作権侵害対策に力を入れ始め、版権ビジネスが盛んになり、また中韓関係悪化による「韓流禁止令」の影響もあり、日本の作品が正規ルートで大量に中国に入るようになった。2016年ごろから日本映画が続々と中国で上映されている。

日本ではアニメ・漫画の実写映画化がブームとなっており、中国でも「銀魂」「寄生獣」「DESTINY 鎌倉ものがたり」などが上映された。日本のアニメ・漫画を見て育った中国人もとっつきやすいのか話題になり、特に「銀魂」は興行収入8143万元(約13億円)の大ヒットとなった。

また、中国映画界の最近の特徴として、リメーク作品ブームが挙げられる。東野圭吾の小説が原作の「容疑者Xの献身」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を巨匠チェン・カイコー監督が映画化した「空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎(妖猫伝)」など、日本の人気作家の小説が次々に映画化された。

高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」は1970年代に中国で大ブームを巻き起こしたが、高倉さんの大ファンを公言しているジョン・ウー監督がメガホンをとり、福山雅治をW主演の一人に迎え、2017年に「マンハント(追捕)」として公開された。

14年ごろに中国でグルメドキュメンタリー「舌で味わう中国」がヒットしたこともあり、小林薫主演のドラマ「深夜食堂」が注目を集め、日本料理への好奇心と癒し系のストーリーが中国人の心をつかんで大人気に。17年に人気俳優のホアン・レイ(黄磊)主演で中国ドラマに生まれ変わった。

しかし、日本の人気文学作品や映画、漫画などを原作とする中国映画・ドラマは続々と登場しているが、リメーク作品はいずれも高い評価が得られていないのが現状だ。原作ファン狙いの投機目的や、日本文化をそのまま持ち込んだ「完全コピー」、逆に中国化しすぎで「完全リメーク」になってしまっているなど、公開の度に賛否両論が巻き起こっている。

■中国市場を意識するようになった日本の芸能人

日本作品の中国公開が増えるにつれ、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントを開設する日本の俳優が増えている。19年1月現在のフォロワー数は、「マンハント」に主演した福山雅治が約439万人、三浦春馬が約374万人、「イタズラなKiss」の入江直樹役がきっかけで中国で絶大な人気を誇る古川雄輝が約246万人、佐藤健が約195万人、小栗旬が約79万人、「イタズラなKiss」や「Love Letter」で中国で根強い人気の柏原崇が約53万人、もともと中華圏で活動していて中国語が堪能なディーン・フジオカが約5万5000人となっている。最近では志尊淳や竜星涼、新田真剣佑、斎藤工、本田翼なども仲間入りし、着々とフォロワー数を伸ばしている。

アーティストやアイドルも目立つ。元KAT-TUNの赤西仁は236万人、18年6月に開設したばかりの山下智久は約65万人、中国で人気急上昇の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は約111万人、EXILEは約8万人、YOSHIKIは約17万人、GACKTは約26万人となっている。

女性アーティストでは倉木麻衣がダントツの人気で約301万人。浜崎あゆみが約268万人、AKB48が約65万人、乃木坂46が約51万人、中島美嘉が約16万人、中国で根強い人気の酒井法子が約12万人となっている。

なお、中国版ツイッターで一番人気の日本人はセクシー女優・タレントの蒼井そらで、フォロワー数は驚異の1900万人。ほかには元卓球選手で中国語が堪能な福原愛が約428万人、モデル・タレントの水原希子が約340万人となっている。

18年12月22日には木村拓哉がアカウントを開設し、「ついに木村大神(=神)が降臨なさったぞ!」と大きな話題に。19年1月8日現在、開設から18日でフォロワー数は約64万人に。また、紅白出場が話題になった米津玄師は中華圏でのコンサート開催に当たり、1月7日にアカウントを開設。わずか1日でフォロワー数は27万6000人に上り、最初の自己紹介ツイートには約9500件ものコメントが寄せられている。

日本の芸能人の微博アカウント開設ラッシュについて、中国のメディア関係者イーダンさんは「中国市場を重視しはじめた証拠」と指摘。また、微博は中華圏で最も影響力のあるSNSのため、宣伝や知名度アップのために利用する日本の芸能事務所やタレントが増えているのではと話している。

■中国で人気の女優はズバリこの人!

中国版ツイッターにアカウントを開設していないが、毎日のように話題に挙がる女優がいる。石原さとみと新垣結衣だ。容姿についてのほか、出演するドラマやCM、バラエティー番組での発言などがたびたび話題になり、書き込みが盛り上がっている。前出のメディア関係者イーダンさんによると、この2人は中国人の好みの容姿であることに加え、好感度が高く、人気ドラマに多く出演していることなどから、特に人気が高いという。

同氏によると、水原希子、上戸彩、小栗旬、松本潤、山下智久、古川雄輝なども人気がある。インターネットの発達により、情報が伝わるのが早くなったため、日本で人気のタレントが中国でも人気となることが多く、日中で特に違いはないという。

最近では橋本環奈や乃木坂46の齋藤飛鳥に関する書き込みが増えており、中国で人気が上昇しているようだ。

■日本人俳優が初めて中国で主演

そんな中、ついに日本人が主演を務める中国映画が登場した。18年12月、綾野剛主演の中国映画「破陣子」がクランクイン。中国の人気舞台劇を映画化した作品で、綾野は南宋時代に中国に流れ着いた日本の貴族を演じる。公開は19年の予定。

05年に高倉健さんがチャン・イーモウ(張芸謀)監督の日中合作映画「単騎、千里を走る」に主演したが、完全な中国資本の作品に日本人俳優が主演するのはこれが初めてとなる。

「破陣子」のクランクインにあたり、綾野剛は中国版ツイッターのアカウントを開設。「皆さん、こんにちは。綾野剛です。僕のことを『剛子(ガンズ)』と呼んでください。どうぞよろしくお願いします」と流ちょうな中国語で動画メッセージを寄せた。狙ったのかどうかは定かではないが、「剛子」というダサかわなあだ名も話題となり、早速中国のファンの心をガッチリつかんでいる。

中国の映画市場は活況で、まもなく米国を抜いて世界最大の市場になることが確実視されている。国産映画のレベルは飛躍的に向上しており、巨額の制作費をかけた超大作も続々と作られている。ファン・ビンビン(范冰冰)の脱税騒動で当局が規制し始めたとはいえ、それでも人気俳優の中国映画1本のギャラは億単位と言われ、日本とは桁違い。このまま日中関係改善が続けば、日本の人気俳優の中国進出は今後さらに増えていくだろう。(藤井)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事