中国のマラソン大会でまた騒動、今度は審判員が選手用のパンやバナナくすねる

配信日時:2019年1月8日(火) 16時20分
中国のマラソン大会でまた騒動、今度は審判員が選手用のバナナなどくすねる
画像ID  1057632
8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。資料写真。
2019年1月8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。

中国メディアの新華網によると、アモイマラソンの大会組織委は7日、「17.5キロ地点の給水所を管理していた審判員の一人が、ランナーのために用意されていたバナナや紙コップ、パンなどを無断で収蔵したとする通報を受け、直ちに調査を行い、事実であると認定した」とした上で、「この審判員の行為は、審判員の身分やイメージと著しく一致せず、大会規則に違反し、きわめて悪劣な影響をもたらした」として、同大会における審判員資格の取り消しを決定したことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事