Record China

ヘッドライン:

中国のマラソン大会でまた騒動、今度は審判員が選手用のパンやバナナくすねる

配信日時:2019年1月8日(火) 16時20分
拡大
8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。資料写真。

2019年1月8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。

中国メディアの新華網によると、アモイマラソンの大会組織委は7日、「17.5キロ地点の給水所を管理していた審判員の一人が、ランナーのために用意されていたバナナや紙コップ、パンなどを無断で収蔵したとする通報を受け、直ちに調査を行い、事実であると認定した」とした上で、「この審判員の行為は、審判員の身分やイメージと著しく一致せず、大会規則に違反し、きわめて悪劣な影響をもたらした」として、同大会における審判員資格の取り消しを決定したことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

相次ぐ中国のマラソン騒動、背景に大会数の急増、「新しいことが必ず通過する段階」と中国メディア

中国のマラソン大会で騒動が相次ぐ背景について、中国メディアは大会数の急増があると分析。大会運営関係者に猛省を促すとともに、「新しいことが正しい方向へ向かうために必ず通過する段階」との見方も示している。写真は中国のマラソン大会。

Record China
2018年12月8日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング