2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

金正恩氏が35歳誕生日を中国で迎える特別な狙い―中国メディア

配信日時:2019年1月8日(火) 14時20分
金正恩氏が35歳誕生日を中国で迎える特別な狙い―中国メディア
画像ID  1057613
8日、ウィーチャット公式アカウント「牛弾琴」は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が7日から10日まで中国を訪問し、8日の誕生日を中国で迎える「特別な狙い」について分析する記事を掲載した。
2019年1月8日、中国メディアの海外網によると、中国国営新華社通信傘下の「環球雑誌」副編集長、劉洪(リウ・ホン)氏が開設したウィーチャット(微信)公式アカウント「牛弾琴」は、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が7日から10日まで中国を訪問し、8日の誕生日を中国で迎える「特別な狙い」について分析する記事を掲載した。

記事はまず、「公式資料によると、彼(金正恩氏)は1984年1月8日に平壌で生まれた。今回の訪中日程は1月7日から10日まで。すなわち彼は35歳の誕生日を中国で過ごすことになる」とした。

その上で、「特別な節目の特別な人物による特別な訪問だ。間違いなく一連の特別なシグナルを伝えていると言うことができる」とし、次の3点を挙げた。

最初に挙げたのが「特別な友好」だ。記事は「米国がどう圧力をかけようと、他の国がどうけしかけようと、これは通常を超えた特別な友好だ。往来は、浮き沈みがあったものの、結局は頻繁だった。これは一部の国を失望させただろう。この80年代生まれ(金正恩氏)にとって4回目の訪中だ。昨年3月、彼は初の外遊で中国を訪れるのは特別な意思によるものだと明言した。これは中国の影響力を示すものであり、中国の外交は確かに特筆に価するものだ」とした。

次に挙げたのが「重大な変化に向けた立場のすり合わせ」だ。記事は「2回目の米朝首脳会談を目前に控えていることを考慮すると、今回の訪中が表敬訪問でないことは明白だ。重大な会合に単身乗り込むことは一種の勇気であるが、単独で敵陣に切り込むのは不安で簡単なことではない。思い出してみれば、この80年代生まれは、昨年の韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領との歴史的会談に先立ち初めて北京を訪問した。トランプ米大統領との会談前には大連に来た。そして今回、再び北京を訪れた。この高頻度は中国と外国との交流史において異例なことだ。重大な変局を前に中国に来て腹の底を打ち明けることは、情勢の複雑さとこの80年代生まれの時局把握能力を示してもいる」とした。

最後に挙げたのが「情勢の大きな変化」だ。記事は「1年前、朝鮮半島情勢は一触即発の戦争の瀬戸際にあった。突然のシンガポール会談での握手と談笑が転機の訪れとなった。だがその後、進展は難しく、批判合戦が続いているようだ。2回目の米朝首脳会談でどう語るかが、戦争と平和に関わりを持つ。中国は交渉の促進に依然努力している。実際のところ、朝鮮半島情勢は中国の支援なしには現在の結果を達成できなかったし、さらに前進を望むのであれば、中国の役割は依然不可欠だ」とした。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • S.R***** | (2019/01/08 18:09)

    これで今世紀の悪の枢軸国が決まって来たな? 南北コリアン、親分の中国、そしてロシア? WW3の開戦は近いかも
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/01/08 14:48)

    現体制の維持を条件に「中国の属国になる決心がつきました」ってことかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/01/08 14:30)

    金正恩が訪中した理由は、米中貿易交渉で中国側のカードとなるためだ。 米中貿易交渉が北京で行われている最中に、金正恩が訪中した。中国にとって北朝鮮が大きなカードであることを、米国に見せつけた。 年末にかけて北朝鮮がいろいろ騒いでいたが、中国の入れ知恵だったのだろう。 中国が国連決議を本当に守っているとは思えないが、それでも北朝鮮には負担になっている。アメリカが北朝鮮を抑え込むにはどうしても中国の協力が欠かせない。アメリカと中国が激しくぶつかっている今、北朝鮮が騒ぐことは中国にとって有利だ。 その場合、韓国は出る幕がないことになる。そのことが北朝鮮が韓国との対話を停止している理由だろう。 北朝鮮と中国は似た者同士、裏で緊密に連携している。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事