店内での放屁やつまようじでの歯の掃除はご遠慮ください…ドイツのアパレルショップが中国語で「8大禁止事項」掲出し炎上―中国紙

配信日時:2019年1月8日(火) 12時0分
ドイツのアパレル店が中国語で「8大禁止事項」掲出し炎上―中国紙
画像ID  1057579
8日、ドイツのアパレルブランドのあるショップが、中国人観光客向けに中国語とドイツ語で「店内でのげっぷや放屁はご遠慮ください」などと書かれた「8大禁止事項」を掲示したとして、現地の中国系市民から「侮辱的だ」などと不満の声が上がっているという。資料写真。
2019年1月8日、中国紙・環球時報(電子版)によると、ドイツのアパレルブランド、ブルツゲシュウィスター(Blutsgeschwister)のあるショップが、中国人観光客向けに中国語とドイツ語で「店内でのげっぷや放屁はご遠慮ください」などと書かれた「8大禁止事項」を掲示したとして、現地の中国系市民向け掲示板サイトで「侮辱的だ」などと不満の声が上がっているという。

同紙の記者によると、禁止事項にはほかに、店内での飲食や爪切り、つまようじでの歯の掃除、痰吐きなどが列挙されていたという。

記事は「ドイツの中国系市民の多くが、中国人観光客のマナーは近年著しく向上し、他の国からの観光客に劣らず、この掲示にあるような行為が起きるのはまれだと考えている」とした上で、「この掲示は差別に満ちていて侮辱的だ」などと不満の声が上がっていると伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事