2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国の極超音速兵器は米軍の優勢を揺るがすものではない―米誌

配信日時:2019年1月10日(木) 0時30分
中国の極超音速兵器は米軍の優勢を揺るがすものではない―米誌
画像ID  1057565
7日、米華字メディア多維新聞は、中国やロシアが開発でリードしている極超音速武器が、米国の軍事的優位を揺るがすことにはつながらないとする、米メディアの報道を伝えた。資料写真。
2019年1月7日、米華字メディア多維新聞は、中国やロシアが開発でリードしている極超音速武器が、米国の軍事的優位を揺るがすことにはつながらないとする、米メディアの報道を伝えた。

記事は米誌ナショナル・インタレスト電子版が5日に掲載した、フィンランド国防大学の教授で戦争学が専門のユーリ・リタサッロ氏寄稿の文章を引用。同氏は、「米国やその盟友には中国、ロシアの極超音速ミサイルや滑空器を防御する力がない」という説について否定的な見解を示し、「極超音速兵器が今後戦略や戦争に革命的な変化をもたらすことはあり得ない」と指摘した。

同氏によると、米国の軍事力は今後数十年にわたって引き続き世界のトップに君臨するとのことで、「極超音速の脅威に対して、極超音速で対処する必要はない。極超音速ミサイル分野でロシアや中国に先行されているとしても、米国はその脅威に反応するだけの能力を持っている」という。

同氏は「軍事力の発展には、長きにわたる努力が下地にある。たとえロシアや中国が最近になって極超音速ミサイル分野で進展を得たとしても、すべて自動的に軍事利用できるわけではない。極超音速兵器システムが間もなく登場するのは事実だが、新兵器が戦略の基本的な部分を変える力を持っているわけではないし、国防計画や軍事力発展という長期的なロジックを変えることもない」と論じている。

そして、文章の最後で「極超音速ミサイルは、ロシアや中国が戦場で米国よりも優位に立てるという『万能薬』にはならない。極超音速兵器によって、米国が世界における軍事力序列のトップの座を失うこともない」との見方を改めて示した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事