【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

鉄道で悲惨事故!男性の頭に突然衝撃、触ってみると手の平いっぱいに血―中国

配信日時:2019年1月8日(火) 23時0分
中国の鉄道で悲惨!男性の頭に突然衝撃、触ってみると血だらけ―中国
画像ID  1057559
7日、楚天都市報によると、中国の鉄道車内で5日、棚に置かれたスーツケースが下に座っていた男性客の頭を直撃する事故が起きた。
2019年1月7日、楚天都市報によると、中国の鉄道車内で5日、棚に置かれたスーツケースが下に座っていた男性客の頭を直撃する事故が起きた。頭から血が流れるほどのけがをした男性は、鉄道部門に賠償を求める考えだ。

被害者の夏さん(男性)が乗っていたのは武漢から大冶に向かうD3265列車。頭に重い何かが落ちてきたのは出発から30分が経過した頃だった。何が起きたのか分からなかった夏さんだが、我に返って自身を直撃したのは大きなスーツケースだと確認。痛みを感じた頭部を触ってみると、手の平いっぱいに血が付いたそうだ。

その後、偶然乗り合わせていた医師が夏さんに応急処置を施し、夏さんは次の駅で下車して救急車で病院へ。治療費1700元(約2万7000円)を支払い、スーツケースの持ち主からは賠償金として2200元(約3万5000円)を受け取ったが、仕事への影響や今後の治療費を不安に思った夏さんは鉄道部門に賠償請求できるかどうかを武漢に戻ってから妻経由でD3265の列車長に確認してみたという。その人物は「法律を知らないのですね」と失礼な物言いをし、「夏さんは傷害保険に加入してないため賠償は得られません」と答えたが、楚天都市報が改めて列車長に尋ねたところ、「鉄道部門が賠償するかどうかは答えられない。私は夏さんの妻に失礼な発言などしていません」とのコメントが返ってきたそうだ。

記事は地元の弁護士の指摘として、「鉄道輸送会社に過失があった場合、損害を防止、制止するという範囲内で相応の賠償責任を負うべきである」との文言が、最高人民法院が2010年に発表した「解釈」の中にあると説明している。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2019/01/13 12:12)

    この記事だけでは、鉄道会社の過失とかは判断できんよな。 棚に乗り切らないほどの大きなカバンを載せる行為が常態化していて、それを止めさせるとか、棚を大きくするなどの措置を講じなかったなら、鉄道会社にも過失はあるだろうが・・・ のぞみで暴れた基地外の殺傷事件を未然に防げなかったのは、JR東海の過失ではないのと同じように。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/01/10 07:52)

    スーツケースが爆発しなかっただけ、まだ良かったのかも知れんが・・・ というか、頭上に置いてたスーツケースは誰の物だったんだろうな? きちんと棚に収めていて落ちたのなら鉄道会社も責任の一端はあるだろうが、棚と比べて明らかに大きすぎたり、そもそもきちんと収めてなかったのだとするなら、荷主の責任こそ問われそうな気もするが。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/09 08:30)

    中国高速鉄道は硬貨を立てても倒れないと言うが、この鉄道は〈在来線〉だったようだ。硬貨やペットボトルが倒れないレベルでなくても、網棚から荷物が落ちない静かさで走って欲しいものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事