【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

貿易戦争より米中間のAI開発競争のほうがもっと心配―ベストセラー作家

配信日時:2019年1月7日(月) 14時50分
貿易戦争より米中間のAI開発競争のほうがもっと心配―ベストセラー作家
画像ID  1057323
7日、世界的ベストセラー作家のユヴァル・ノア・ハラリ氏はこのほど、韓国紙・東亜日報とのインタビューで、「米中の貿易戦争より両国間の人工知能(AI)技術の開発競争のほうがもっと心配だ」と語ったという。資料写真。
2019年1月7日、米華字メディアの多維新聞は、イスラエルの歴史学者で世界的ベストセラー「サピエンス全史」「ホモ・デウス」の著者であるユヴァル・ノア・ハラリ氏がこのほど、韓国紙・東亜日報とのインタビューで、「米中の貿易戦争より両国間の人工知能(AI)技術の開発競争のほうがもっと心配だ」と語ったことを伝えた。

多維新聞が東亜日報(電子版)の7日付報道を引用して伝えたところによると、ハラリ氏は「米中両国はAI技術を先取りした国が世界を支配すると考えている」と強調した。

米外交誌フォーリン・アフェアーズ(電子版)は昨年10月19日付の記事で、「米国は現在、中国のAI能力による脅威を最も懸念している。中国はAI分野の世界的リーダーであると考えられている」と伝えている。

ハラリ氏は「19世紀に産業化を先に達成した国が他の国を搾取した歴史が、21世紀にAIを通じて繰り返される可能性がある」と警告した上で、「民族主義者たちは、砦の中で可動橋を持ち上げると、外は地獄に変わっても自分たちは楽に生きていけると信じている。核の脅威や気候変動など他の国との協力なしでは自国民を保護できない現実の下で、このような信仰は幻想に過ぎない」と批判。「変化に富んだ世界で生きるために、一人ひとりは何度も訓練して自分自身を再創造する能力を育てなければならない」と指摘したという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/07 16:53)

    >イスラエルの歴史学者で世界的ベストセラー「サピエンス全史」「ホモ・デウス」の著者である 余談になるが人類の学名である〈ホモサピエンス〉とは『知能集団』という意味である。そのため〈人工知能〉とは〈人造人類〉という意味になる。しかし人間の価値を知能だけで測るのは間違いではないか。たとえ知能が低くても人間は人間であり、いくら知能が高くても機械は機械である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/01/07 15:38)

    また中国メディアはアホなことを・・・ どうせハラリ氏の言ったことの一部を、都合よく編集しただけだろう。中国メディアのウソは聞き飽きた。 人質を平気で取る中国から通信機器を輸入するなど、国の通信を中国の人質に差し出すようなものだ。これこそ目前にある本物の危機だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事