Record China

ヘッドライン:

豊洲市場でマグロが約3億3000万円で競り落とされる=「私の人生はこのマグロに劣る」―中国ネット

配信日時:2019年1月7日(月) 22時50分
拡大
6日、豊洲市場での初競りで本マグロが約3億3000万円で競り落とされたことに、中国のネットユーザーが注目している。写真はマグロ。

2019年1月6日、豊洲市場での初競りで本マグロが約3億3000万円で競り落とされたことに、中国のネットユーザーが注目している。

5日に東京豊洲市場で初競りが開かれ、278キロの青森県大間産のクロマグロが、東京の中央卸売市場で過去最高額となる3億3360万円で落札された。落札したすしチェーン店の社長は、予想より高かったが、いいマグロが買えたと語った。

これに対し、中国のネットユーザーから「上海で豪邸が2件買える額だな」「この魚って本当にこんなに価値があるのか?。1匹の魚が私の一生の稼ぎより多いなんて」「私の人生はこのマグロにも劣る」などのコメントが多く寄せられた。

また、「日本は金持ちが多いんだな」「これって元を取れるのだろうか」「こんなに高い魚を買って何になるのか意味が分からない」「金持ちの世界は理解に苦しむ」などのコメントもあり、あまりに高すぎる金額に驚いたようである。しかし、「広告のためだね」「買ったのは魚ではなく宣伝だよ」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング