「中国は大麻大国」、米メディアの指摘に中国専門家が反論―中国紙

配信日時:2019年1月7日(月) 13時30分
「中国は大麻大国」、米メディアの指摘に中国専門家が反論
画像ID  1057294
7日、環球時報によると、米国メディアが中国を「大麻大国」と報じたことについて、中国の麻薬専門家が「概念の混同だ」と否定している。写真は大麻。
2019年1月7日、環球時報によると、米メディアが中国を「大麻大国」と報じたことについて、中国の麻薬専門家が「概念の混同だ」と否定している。

記事によると、タイで昨年12月25日に東アジア・東南アジアで初めて医療用大麻を合法とする法案が可決されたことに関連し、米国際放送局VOA(ボイス・オブ・アメリカ)は「中国は世界の商業用大麻栽培面積の半数を有する大麻大国だ」と報じた。

これについて、中国公安部禁毒情報技術センター毒品実験室の花鎮東(ホア・ジェンドン)副所長は「わが国で栽培が認められているのは工業大麻(ヘンプ)であり、欧米で大規模な乱用が起こっている麻薬の大麻(カンナビス)とは完全に異なる」と主張。また、「中国の工業大麻は幻覚作用を引き起こすテトラヒドロカンナビノール(HTC)の含有量0.3%以下という欧州の基準を採用しており、その栽培や加工について厳しい監督管理を行っている」とし、「わが国は海外メディアが報じるような、THC含有量の高い麻薬大麻について断固として栽培、販売、所持、使用を禁止する措置をとってきた」と述べたという。

花氏はまた、VOAが報道の中で「中国の大麻利用者は特に学生を中心に増え続けている」と伝えたことに対し、「対人口比で見れば欧米諸国よりも低水準。各国の大麻合法化に関する報道が頻繁に出回って市民の麻薬大麻による害に対する認識が弱まっていることや、北米の中国人留学生が興味本位で大麻に触れた後で帰国し、周囲の人に影響を与えていることが問題だ」と主張している。

さらに同氏は、巨大な経済利益、政府の監督管理不足といった要因から、ウルグアイやカナダなどの国ですでに大麻が合法化され、米国でも一部の州で非医療用途の大麻が適法とされているとしたうえで、「今後、大麻を合法化する国が増え、麻薬大麻製品の供給が増えて価格が低下するのに伴い、断固として麻薬大麻に反対するわが国が直面する密輸防止のプレッシャーはさらに高まるだろう」と述べた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/01/10 11:18)

    この点に関しては、中国側の記事を全面的に信用する。中国にとってアヘンを含むこの手の薬物に関しては悪夢であった歴史がある。欧米は「リベラルは正しい」との信念のもとに明らかに間違った(又は文明の退化)の方向に進んでいる。この点についてはアジア諸国は共同して対抗すべきだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/01/08 09:00)

    大麻って結構自生してたりするんだよね。その種子が店で売られてる鳥の餌に含まれてるって話も聞くし、意外と身近にある麻薬だと言えるかも知れない。 あと大麻の実はアンパンなんかの表面に振りかけられてたりもする。もちろん食用のそれらには麻薬成分は無く、意外なことに栄養価は高いらしいが。 とはいえ、自生種を移して栽培したり、自生種から麻薬を作るのは当然ながら違法だけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2019/01/07 16:15)

    誰も大麻のこと知らなかった時代、道路わきで雑草のように生えてたけどね~
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事