2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国海警船、尖閣諸島沖で日本の領海に侵入、今年初

配信日時:2019年1月6日(日) 9時40分
中国海警船、尖閣諸島沖で日本の領海に侵入、今年初
画像ID  1057164
5日、中国の沿岸警備隊にあたる中国海警局の船団が尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは昨年11月11日以来で、今年初めて。資料写真。
2019年1月5日、中国の沿岸警備隊にあたる中国海警局の船団が尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入した。

中国メディアの観察者網によると、中国海警局は5日午前9時30分(日本時間同10時30分)、中国版ツイッターのウェイボー(微博)で、「2019年1月5日、中国海警2305艦艇編隊がわれわれの釣魚島(尖閣諸島の中国名)の領海内を航行した」と発表した。

共同通信によると、日本の領海に侵入したのは、海警2305など4隻。4隻は約1時間半にわたって日本の領海内を航行したあと領海を出たという。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは昨年11月11日以来で、今年初めて。読売新聞の3日付報道によると、昨年の侵入回数は19回、延べ隻数は70隻だった。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/01/08 18:00)

    このようなときに韓国は一体何をしているのか!いい加減早く謝罪して日本と共同で中国の覇権主義に当たらなければ、両国にとてつもない悪夢が待ち受けることになろう。中国の脅威は韓国はもちろん日本にとっても単独では対処できない問題だ。しかも中国の脅威は単なる危惧のレベルではなく現実だ。1世紀以上前、韓国はロシアの極東地域への侵略の脅威を前にして共同で防衛を行うことを期待していた日本を裏切り、こともあろうに日本の敵のロシアに国王が保護を求めるという日本に対する最大の敵対行為を行った。日露戦争後韓国が日本に併合されたのは自業自得である(それでも私は日韓併合は間違いだったと思う。日韓併合に最後まで反対した伊藤博文は正しかった。その伊藤を暗殺した韓国人安重根を英雄とする韓国は完全に頭が支離滅裂でいかれていると言うほかない)。今また韓国は百年前と全く同じ過ちを犯そうとしている。本当に助け甲斐のない国だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • S.R***** | (2019/01/07 04:28)

    謝罪じゃなく自慢かい!!これじゃ三流国以下! どの面下げて偉そうな事言えるのか?日本も魚雷攻撃くらいしろ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/06 17:38)

    >中国海警2305艦艇編隊がわれわれの釣魚島(尖閣諸島の中国名)の領海内を航行した 〈ピンポンダッシュ〉を誇らしげに語るとは、つくづく暇な国である。中国はこれまで主要な戦争で活躍したことがないため、領土侵入でも〈英雄的行為〉になるのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事