日本にも輸出!意外な物を販売し成功した若者、中国ネットで話題に

配信日時:2019年1月7日(月) 11時0分
日本にも輸出!意外な物を販売し成功した若者、中国ネットで話題に
画像ID  1057063
4日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、空気缶を売って成功している若者を紹介。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年1月4日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、空気缶を売って成功している若者を紹介した。

記事によると、浙江省金華市磐安県に住む80年代生まれの羊傑(ヤン・ジエ)さんは、地元の空気を缶詰にして販売している。磐安県は森林カバー率が93%以上で、近くにダムもあるため湿度が高く、マイナスイオンを含んでいるという。羊さんは「ここの空気を缶詰にして販売したところ、当初は思うように売れなかったものの、今では全国各地で販売されており、日本や韓国、スペイン、米国などにも輸出している」と述べている。

羊さんによると、顧客の7割は中国北方で、毎年11月から3月までが繁忙期であり、最も多く売れた年には47万本販売し、生産高が400万元(約6400万円)に達したという。羊さんは、「地元のきれいな空気が売れていることを誇りに思う。でも私の商売がどんどん悪くなることを希望している。なぜならそれは環境が良くなっていることを意味するからだ」と述べている。

これに対し、中国のネットユーザーから「これって本当に効果があるのだろうか」「空気の産地をどうやって確かめるんだ?」「合法的な詐欺なんじゃないかという気がする」など、懐疑的なコメントが多く寄せられた。

また、「これを買うお金があるなら、空気清浄機を買えばよいのでは?」「つまり酸素缶のことだろ?酸素缶は巨大な市場がある。高山地帯へ旅行に行く人は多いから」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/01/08 09:08)

    昔あったなあ、空気の缶詰。田舎で生まれ育った身としては、なんの意味があるのか分かんなかったけど。 >>「地元のきれいな空気が売れていることを誇りに思う。でも私の商売がどんどん悪くなることを希望している。なぜならそれは環境が良くなっていることを意味するからだ」 どうなんだろうねえ。そうなるといいけど、ホントどうなんだろう。 日本にPM2.5が飛来してこなくなる程度には回復して欲しいけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2019/01/07 22:18)

    日本でも過去に。 昭和43(1968)年に発売された≪大東京名物 空気の缶詰≫という、都会の汚れた空気を詰め込んで東京名物とするシャレを効かせた商品がありました。今でも江戸東京博物館に実物が保存されてます。 また、富士山の空気を詰めた缶詰もありましたね。 いまさら感しかありません。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ぷっぷ***** | (2019/01/07 14:48)

    >空気缶 おまけとしてPM2.5がもれなく付いてきます。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事