上海交通大の新材料、人類初の月の裏側の着陸をサポート―中国

配信日時:2019年1月5日(土) 6時10分
上海交通大の新材料、人類初の月の裏側の着陸をサポート―中国
画像ID  1056915
人類の探査機が月の裏側に初めて上陸した。上海交通大学が開発した炭化ケイ素(SiC)粒子強化アルミ複合材料が今回の任務を力強く支えている。写真は月。
月探査機「嫦娥4号」が北京時間3日午前10時26分に月の裏側の予定エリアに着陸し、通信中継衛星「鵲橋」を通じ世界で初めて近距離撮影した月の裏側の画像を送信してきた。人類の探査機が月の裏側に初めて上陸した。上海交通大学が開発した炭化ケイ素(SiC)粒子強化アルミ複合材料が今回の任務を力強く支えている。

上海交通大学材料科学・工程学院複合材料研究所、金属複合材料国家重点実験室の張荻教授、欧陽求保教授が率いるチームは、高性能SiC強化アルミ複合材料を開発した。これはレーザー測距、3次元イメージング、赤外線分光計など4つの重要ペイロードの鏡胴、光学底板、フレームなど12種の重要部品に応用されている。

衛星搭載光学機器はその任務上の需要により、高い分解能と安定的な光学性能を持たなければならない。上海交通大学が開発したSiC粒子強化アルミ複合材料は軽量で剛性及び寸法安定性が高いといった特徴を持つ。ペイロード構造の軽量化、変形せず、寸法安定の需要を満たし、衛星搭載光学機器の高分解能・高安定性の難題を解消した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事