Record China

ヘッドライン:

日本人女性が沼に落ちる華流イケメンとは?アンディ・ラウや新旧F4、“塩顔”代表のヤン・ヤンら―中国

配信日時:2019年1月4日(金) 11時0分
拡大
1/8枚
2019年1月3日、日本のコミュニティーサイトで取り上げられた“華流イケメン”の顔触れが、中国のネット上でも話題に。10代から50代まで、幅広い年代のイケメンたちが登場している。新浪が伝えた。

その他の写真

日本の女性向けコミュニティーサイト「ガールズちゃんねる」の人気投票にこのほど登場したもの。「見たいアジア系イケメン」としてユーザーたちが好きなイケメンを紹介する中に、多数の華流男性タレントも選ばれている。

最年少は10代で、中国の3人組アイドルユニットTFBOYが登場。最高齢は「インファナル・アフェア」をはじめ、数多くの映画作品で知られる香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)で、現在57歳のその姿は、「アラ還には見えない」と紹介されている。

ドラマ「花より男子」から新旧の“F4”も登場。日本でも根強い人気を持つ台湾版花男のジェリー・イェン(言承旭)やヴィック・チョウ(周渝民)、そして昨年放送された中国版花男からのグアン・ホン(官鴻)やワン・ホーディー(王鶴棣)には、「中国のF4すごい」「身長もすごい高くてスタイルいい」と称賛の声が寄せられている。

このほか、台湾のアイドルユニットのフェイルンハイ(飛輪海)からウーズン(呉尊)やAARON(アーロン/炎亞綸)、韓流人気グループEXOメンバーだったルハン(鹿[日含])とタオ(黄子韜/ホアン・ズータオ)、現在も在籍するレイ(張芸興/チャン・イーシン)などが登場。中国の俳優ヤン・ヤン(楊洋)は、「中国には珍しい塩顔イケメン」と紹介されている。

こういったイケメンたちの顔触れに中国のネットユーザーからの声は、「日本人らしい選択。どれも日系イケメンだ」「日本人は前髪を作ったスタイルが好きだよね」「グアン・ホンやタオは日本のマンガに出てきそう」など、どれも日本人の美的感覚に合った選択であることを指摘する声が多い。(翻訳・編集/Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング