韓国が「造船世界一」返り咲き、中国は技術の遅れや人件費増加が影響―韓国紙

配信日時:2019年1月4日(金) 6時30分
韓国が「造船世界一」返り咲き、中国は技術の遅れや人件費増加が影響
画像ID  1056645
3日、米華字メディアの多維新聞は、韓国紙・東亜日報がこのほど、「2018年は韓国の造船業界には意味深い1年だった」とする記事を掲載したことを紹介した。資料写真。
2019年1月3日、米華字メディアの多維新聞は、韓国紙・東亜日報がこのほど、「2018年は韓国の造船業界には意味深い1年だった」とする記事を掲載したことを紹介した。

それによると、東亜日報は「2018年は韓国の造船業界には意味深い1年だった。12年に受注量基準で世界造船トップの座を中国に明け渡して以来6年ぶりに世界トップのタイトルを取り戻したからだ。昨年の世界の船舶発注量は、ピークだった07年の30%水準だが、受注量1位を取り戻したことは大きな意味がある成果だ」とした。

一方で、東亜日報は「中国造船業は低迷している」とし、「中国は安い人件費による価格競争力を武器に00年以降、韓国を抜いて急成長した。だが、人件費が増加している上、品質や技術力で韓国に押されているためだ。造船業界によると、昨年1隻の船舶も受注できない中国造船所が約70%に上るという」とした。

東亜日報は「韓国の専門家たちはこうした状況を楽観していない」とし、韓国造船海洋資材工業協同組合のカン・ジェジョン常務の話として「高付加価値の船舶を多く受注している大手造船会社は、新年も正常化に弾みがつくだろう。しかし、中国と競争する中小造船会社は困難な状況が続くだろう。中小造船会社は財政状況が悪く、海外受注も難しいうえ、バルクなど技術力があまり必要でない船舶の場合は中国の船舶の価格の方が安いので、中国に発注が行かざるを得ない」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事