日本のIWC脱退「トランプをまねるべきでない」―米メディア

配信日時:2019年1月3日(木) 19時10分
日本のIWC脱退「トランプをまねるべきでない」―米メディア
画像ID  1056588
2日、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)脱退を決めたことについて、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)はこのほど、「危険で愚かな動き」と批判し、「国際機関から次々離脱するトランプ米大統領の行動をまねるべきでない」と論じた。資料写真。
2019年1月2日、中国メディアの環球網は、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)脱退を決めたことについて、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)がこのほど、「危険で愚かな動き」と批判し、「国際機関から次々離脱するトランプ米大統領の行動をまねるべきでない」と論じたことを伝えた。

日本政府は18年12月26日、IWCから脱退し商業捕鯨を19年7月から再開することを発表した。

環球網は共同通信の2日付報道を引用する形で、ニューヨーク・タイムズが「多国間主義的な環境対策を支持してきた日本のような先進国にとっては特に、危険で愚かな動きだ」とし、数々の国際協定や合意から離脱するトランプ米大統領の姿勢は国際秩序に計り知れない打撃を与えており「日本がまねるべきではない」と論じたことを伝えた。

ニューヨーク・タイムズはさらに、日本のIWC脱退は「石炭産業を保護するトランプ氏と同様、国家主義的な政治家による策略以外の何物でもない」とも指摘したという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • law***** | (2019/01/04 17:22)

    国家の義務教育にあって先ず深く言い伝えるべき事は「地球の運命は全人類の責任」で行う、と言う事である。自然生態の保育の問題を徹底的に解決するには各国の政府が「一つの地球に一つの法律」と言う考え方を優先し、且つ、それを前提に真摯に取り組む姿勢が最も大切となる。その為には国連の二つの主たる役割である「人間の安全保障と持続可能な開発」の理念を実現させるべく運命共同体を構築する事である。なお、詳細は「永久平和憲章」参照されたし。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2019/01/03 22:13)

    私益のために意味も意義も失った組織などゴミ以下。 何の価値もなくなったゴミ機関など長居は無用だ。ちょうどいい機会だからいっそ解散しちまったらどうなんだい? そしてアル君よ、物を申す際は状況をちゃんと理解してからにしとけ。 脳ミソが発展してない文明途上国の原始人が先進国に意見するにはまだ数十年~数百年は早過ぎるぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 七菜四***** | (2019/01/03 20:01)

    アメリカも商業捕鯨をしている国なのですけど。 そして混獲と称して日本以上に鯨を取っている国がすぐそばにあるんですけど。 なぜ縄文時代からの捕鯨文化を持っている日本だけ否定するのか、不思議な組織です。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事