【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本、中国通信2社製品排除の次はインフラ機密の海外サーバー保管禁止へ―シンガポール紙

配信日時:2019年1月4日(金) 8時0分
日本、中国通信製品排除の次はインフラ機密の海外サーバー保管禁止
画像ID  1056489
2日、シンガポール華字紙の聯合早報は、「日本がインフラ機密の海外サーバー保管を禁止へ」とする記事を掲載した。資料写真。
2019年1月2日、中国メディアの参考消息網によると、シンガポール華字紙の聯合早報は同日、「日本がインフラ機密の海外サーバー保管を禁止へ」とする記事を掲載した。

記事はまず、「日本は昨年末、中国の通信大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品を排除することを宣言した。日本が次にすることは、電力、水道などの重要インフラ関連企業が持つ主要な電子データについて、海外のサーバーでの保管を禁止することだ」と伝えた。

その上で、日本メディアの記事を引用する形で、日本政府が2019年4月にも、重要インフラ14分野の主要な電子データについて、国内のサーバーでの保管を要請する方針を固めたことを紹介。「日本政府がインフラ機密の海外サーバー保管を禁止するのは、核心データが国外保管されていれば、サイバー攻撃を受けた際に対応が難しいだけでなく、国内法適用にも限界があるためだ」「日本政府は、自動車の自動運転技術など、14分野以外の重要産業についても同じ基準を適用する方向だという」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事