2018年の訪日外国人の中で最もマナーが悪かったのは中国人?日本メディア報道に「これは反論できない」「認めざるを得ない」―中国ネット

配信日時:2019年1月3日(木) 20時50分
2018年の訪日外国人の中で最もマナーが悪かったのは中国人?
画像ID  1056438
1日、頭条新聞は日本メディアが2018年の訪日外国人の中でも中国人のマナーが特に悪かったとする番組を放送したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は皇居の外国人観光客。
2019年1月1日、頭条新聞は日本メディアが2018年の訪日外国人の中でも中国人のマナーが特に悪かったとする番組を放送したと伝えた。

記事は、18年12月23日に放送されたテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」の内容について紹介。京都嵐山の竹に中国語や韓国語、英語などで落書きが刻まれていることや、江ノ島電鉄の鎌倉高校駅前付近では、アニメの「聖地巡礼」として写真撮影する人が多く交通の迷惑になっていること、世界遺産の忍野八海では池の中に洗い物を入れる人やコインを投げ入れる人、さらには道端で子どもに小便をさせる人などがいると伝えた。記事は「こうしたマナー違反が最も多いのが中国人で、次いで韓国人、ロシア人だ」と紹介している。

これに対し、中国のネットユーザーから「むむ、これは反論できない」「これはその通りだろう」「これは認めざるを得ない」「至極正常なこと」「これは信じる。恥ずかしいことがあまりに多すぎる。(中国人の)民度レベルは私もよく分かっている」など、同意するというコメントが大半を占めた。

また、「海外に行ったことはないけど、自分が住んでいる町でもみんな道で痰を吐いているからね」「日本メディアは中国人を悪く言っているとみなすべきではない。中国人は確かにマナー違反が多く、改善が必要だ」「海外へ出かける中国人は、頼むから中国の顔に泥を塗らないでほしい」などの意見もあり、多くのネットユーザーが、中国人はマナーを向上すべきと考えているようである。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事