旧日本軍の次はナチス…中国の愛国教育拠点でまた「軍服姿で記念撮影」

配信日時:2019年1月3日(木) 7時0分
旧日本軍の次はナチス…中国の愛国教育拠点でまた「軍服で記念撮影」
画像ID  1056427
浙江省杭州市にある革命烈士陵園で、軍服姿で記念撮影した男が騒動挑発の疑いで警察に身柄を拘束された。写真はナチス・ドイツが設置したザクセンハウゼン強制収容所。
2019年1月2日、中国では2017年ごろから、戦争関連施設などで旧日本軍の軍服姿で記念撮影した写真がSNS上に投稿され物議を醸しているが、中国メディアの澎湃新聞は、今度は浙江省杭州市にある革命烈士陵園で、ナチスのシンボルマークが付いた軍服姿で記念撮影した男が騒動挑発の疑いで警察に身柄を拘束されたと伝えた。

中国では2017年、第2次上海事変(1937年)の記念館前で4人の男性が旧日本海軍のものとされる軍服姿で写る写真が投稿されているのが見つかり物議を醸した。18年2月には江蘇省南京市の紫金山にある抗日戦争の遺構前で旧日本軍のものとされる軍服姿で、軍刀や歩兵銃、旧日本軍の「武運長久」旗を手にして自撮りした男2人が15日間の行政拘留処分を受けた。

こうした「自分は中国人だが精神的には日本人」を主張する若者「精日(精神日本人)」が目立つようになったことを受け、王毅(ワン・イー)外相は3月の全人代会期中の記者会見で、「そいつらは中国人のクズだ」と激怒したとも伝えられた。南京市では12月13日、市内の国家追悼施設で旧日本軍の軍服を着るなどの「精日」行為を処罰する「南京市国家公祭保障条例」が施行された。

澎湃新聞の1日付報道によると、これまでにもウェイボー(微博)で「精日分子」を告発する投稿をしてきたアカウント「上帝之鷹_5zn」が昨年末、杭州市革命烈士陵園でナチスのシンボルマークが付いた軍服姿で記念撮影する男がいたと写真付きで告発した。

これに対し、杭州市のネット警察は1日、写真の男を前日夜に騒動挑発の疑いで刑事拘留したことを明らかにしたという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事