2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

2018年最後の日に「南京大虐殺」生存者が死去―中国メディア

配信日時:2019年1月1日(火) 11時0分
2018年最後の日に「南京大虐殺」生存者が死去―中国メディア
画像ID  1056310
12月31日、中国メディアの澎湃新聞は、「2018年最後の日に南京大虐殺生存者の馬承年さんが死去した」と報じた。写真は江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」。
2018年12月31日、中国メディアの澎湃新聞は、「2018年最後の日に南京大虐殺生存者の馬承年(マー・チョンニエン)さんが死去した」と報じた。

記事は人民日報のウェイボー(微博)公式アカウントの報道を引用。「南京大虐殺生存者の馬承年さんが31日午前5時10分、死去した。享年88歳。1937年冬、日本軍が南京城に攻め入った後、わずか7歳の馬承年さんは中華門近くの自宅で、父方の祖父と伯父、父親が日本兵に連行されるのを目撃した。3人はその後、下関江のそばで殺害され、借家も焼き払われた」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • yha***** | (2019/01/01 20:50)

    ato***** のコメントに賛同 30万人を殺害するためには犬一匹見逃すことは出来ない何故子供は無事だったのか江沢民や習近平の捏造が暴露された。 南京は1947年国民党軍と共産軍が南京攻防戦を行った、八路軍は南京住民をブルジョアは人民の敵と教えられ虐殺や略奪は平然と行われた、この様な戦場を良く生き延びられたものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/01/01 16:34)

    >自宅で、父方の祖父と伯父、父親が日本兵に連行されるのを目撃した どうして連れ去られて殺されたのは〈男性家族〉だけだったのだろう。20万人都市で30万人を虐殺したなら、女性や子供も殺さなくては数が合わないはずだ。『男は反撃するから殺した』ならば〈日本軍〉の仕業ではあるまい。数万人もの軍隊が民間人の反撃を恐れるはずないからだ。7歳の子供には理解できなかったろうが、家族を殺したのは中国人の〈馬賊(マーツェ)〉であろう。それなら男性だけ殺した理由も説明できる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/01/01 13:20)

    朝日新聞にいた本田勝一が南京の紀行文を書き、それが元になって日本で「南京大虐殺」を信じる人が急増した。本田はジャーナリストとして利用され、結果として捏造に加担した。ジャーナリストとしては最悪の落伍者だった。 彼は行く先々で人々から虐殺の話を聞いている。それらは徹頭徹尾、自分たちに中国共産党が仕込んだ捏造だったと、証言した中国人がいた。記事に記載された人も、そうした人の一人だったのだろう。 中国には共産党が捏造した「歴史」しかない。南京大虐殺が中国の教科書に載ったのは、日本軍南京入城の実に42年後だ。それまでは、中国の「歴史」に南京大虐殺はなく、近年になって捏造されたものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事