2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

2019年は「猪年」、でも日本だけはブタではなく「イノシシ年」だった!―台湾メディア

配信日時:2019年1月1日(火) 20時0分
2019年は「猪年」、でも日本だけはブタではなく「イノシシ年」だった!―台湾メディア
画像ID  1055902
31日、参考消息は、2019年のえとについて日本だけがほかのアジア圏の国・地域と違って「イノシシ年」であるとする、台湾メディアの報道を伝えた。写真は日本の正月。
2018年12月31日、参考消息は、2019年のえとについて日本だけがほかのアジア圏の国・地域と違って「イノシシ年」であるとする、台湾メディアの報道を伝えた。

その他の写真

記事は、台湾・聯合新聞網の29日付報道を引用。日本郵便が発行した恒例の年賀はがきに描かれている2019年のえとがイノシシであることを紹介し、日本では他のアジアの国・地域とは異なり、ブタではなくイノシシがえとの一つになっているとした。

「猪」は日本語ではイノシシだが、中国語ではブタを意味する。中国でイノシシは「野猪」「山猪」だ。記事は日本だけが「イノシシ年」であることについて「どうしてイノシシになったか、定説はない。最もよく聞かれる説は、日本では家畜のブタを飼う習慣がなく、野生のイノシシを狩ってタンパク源にしていたから、というものだ」と説明している。

また、当時の日本人にとってイノシシ肉が万病を治す、無病息災の象徴だったとも紹介。一方、日本語で表記した場合、中国や韓国の2019年のえとは「ブタ年」であり、日本人からしてみれば「ブタ年」であることに驚きを覚えるのだとした。

記事によれば、十二支が微妙に国・地域で微妙に異なるケースは他にもあり、ベトナムなどでは「ウサギ年」ではなく「ネコ年」なのだという。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/01/02 08:46)

    >日本では家畜のブタを飼う習慣がなく、野生のイノシシを狩ってタンパク源にしていたから、というものだ その理屈によれば、日本人は〈ネズミ〉や〈蛇〉を家畜にしていたことになる。まして〈龍〉は架空の存在である。いっそネズミの代わりに〈猫〉、蛇の代わりに〈ウナギ〉、龍の代わりに〈クジラ〉を干支にすればいい。龍とクジラは関連がないかもしれないが、どちらも巨大であり、また『クジラの竜田揚げ』と言うから無縁ではないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/01/02 05:39)

    漢字が出来る紀元前数千年の昔には野生の動物がいて、その後家畜化された。イノシシが野生で豚が家畜なら、猪はイノシシを意味する漢字だったと考えるのが自然。 共産中国では家畜が野生化してイノシシを野ブタと言うようになったのでしょう。歴史が70年しかない新しい国と数千年の歴史がある日本と比べても価値ある知見は生まれない。 カノシシとは鹿の肉の事。シシとは和語で肉や肉が食べられる動物を意味するとか。するとイノシシとは猪の肉という意味で、猪はイで、音読みだから漢音か呉音。その時代に猪が中国では野生だったのか家畜だったのかを調べてみれば良いのだが、この手の漢字の意味が日中で違うと言う話で時代考証を全くしないのが中国・台湾のマスコミ。なぜ自分の国の文化を大事にしないのか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • com***** | (2019/01/01 20:43)

    干支や動物・妖怪等は古代中国周辺国で解釈が異なっていたのは知っていたが 猪=豚とは知らなかった 欧州列強に『眠れる獅子』と恐れられていた清が実は『眠れる豚』だったという揶揄 を思い出して猪年が豚年となっていたって事に妙に納得
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事