Record China

ヘッドライン:

中国製の無人機CH-4Bが撃墜される、中国メディアは「操作していたサウジ軍のミス」の見方

配信日時:2018年12月31日(月) 20時20分
拡大
30日、中国メディアの新浪網はサウジアラビア軍が保有する中国製無人機のCH-4Bがミサイルで撃墜された件について、サウジ軍の操作に問題があったとの見方を示した。写真はCH-4B。

2018年12月30日、中国メディアの新浪網はサウジアラビア軍が保有する中国製無人機のCH-4B(彩虹-4B)がミサイルで撃墜された件について、CH-4Bに問題があったのではなく、操作や運用法に原因があったとの見方を示した。

CH-4Bは中国の航天空気動力技術研究院が開発した無人機で初飛行は2013年。中国以外にサウジアラビア、イラク、エジプトが採用した。空対地ミサイルを2機、誘導爆弾を2機搭載できる。

サウジアラビア軍のCH-4Bが23日、イエメンの反政府武装勢力であるフーシに撃墜されたという。サウジアラビアはイエメン内戦で政府側を支援し、自国軍部隊を展開している。CH-4Bの撃墜については動画も公開されており、ミサイル攻撃を受けたことは明らかだ。

そこでまず問題になるのは、CH-4Bを攻撃したミサイルの機種だ。新浪網は、歩兵でも操作できる簡易な「肩掛けミサイル」の場合、エンジンの燃焼時間は通常2~3秒間だが、動画ではCH-4Bを撃墜したミサイルのエンジンは7秒間作動していたと指摘。そのため、ミサイルはロシア製のR-73ミサイルだったの見方を示した。

R-73ミサイルは通常、航空機に搭載され空対空ミサイルとして使用される。射程は最大で30キロメートルだが、地上から発射され上空を狙う場合には射程が5キロメートル以下、高度は4000メートル程度が限界という。

一方で、CH-4Bの巡行高度は7000メートル前後だ。通常ならば地上から発射されたR-73に撃墜されることは考えにくい。

CH-4Bは搭載された光学機器などで目標を確認して攻撃を行う。記事によると、最も多いのは車両に対する攻撃で、12キロメートル以上離れた場所から目標を確認できる。個人の顔を特定して攻撃する場合、CH-4Bは2~3キロメートルに接近する必要があるという。

CH-4Bに搭載できる空対空ミサイルとして開発されたのがAR-2だ。記事は、中国のミサイル専門家の説明を紹介。敵からの攻撃の可能性がある状況でCH-4BがAR-2を使用する場合、目標から8キロメートル以上離れた場所から攻撃を行える。空対地ミサイルなので斜め下方に向って攻撃することを考えれば、水平距離6.24キロメートル、垂直高度5000メートルの地上の目標を正確に攻撃できる。

上記のように「正しく操作」すれば、CH-4Bが撃ち落とされることは、極めて考えにくいという。

記事は、中国側はサウジ軍がCH-4Bを正しく操作していなかったことが撃墜につながったとして、危険地域では気ままに低空域に降下させることを厳禁するなど、サウジ軍に対して特別の訓練をすべきかもしれないと論じた。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

イエメンの反政府指導者を爆殺したのは中国製無人機だった―中国人専門家「米の禁輸措置により商機到来」

マレーシアの華字メディア、星洲網は、イエメンの反政府武装勢力であるフーシ派の政治部門指導者だったサレハ・サマド氏を空爆して殺害したのは、中国製の無人機だったと報じた。写真は中国が輸出に力を入れている無人機「彩虹4」。

Record China
2018年10月7日 8時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング