日本人に中国についてどう思っているか聞いてみた、インタビュー動画が中国で話題に

Record China    2019年1月3日(木) 23時30分

拡大

1日、中国版ツイッターのウェイボー(微博)で、「日本人に中国についてどう思っているか聞いてみた」動画を紹介する投稿があり、注目を集めている。資料写真。

2019年1月1日、中国版ツイッターのウェイボー(微博)で、「日本人に中国についてどう思っているか聞いてみた」動画を紹介する投稿があり、注目を集めている。

動画によると、「中国の印象」について、日本人からは「歴史があって人口も多く、文化も大事にしている国」「マナーの違いとか文化の違いは時々感じる」「兄弟と思っている。すごくいい印象。昔からすごく仲良かった。でも兄弟でも兄弟げんかする。仲の悪い時期もある」「小さい頃に家族で旅行に行ったことがあるが、中国の方たちがすごく優しくて、道も迷ってたら教えてくれるし。テレビやマスメディアだけで見るとあまりいい印象は受けないけど、実際に中国に行って中国の方と触れ合ってみたらすごいいい人たちだなと、いい印象があった」などの声が上がっていた。

「日本人と中国人の一番の違い」については、「育ってきた環境と文化が違う。中国は社会主義国家であって、日本は資本主義国家の考え方というのが大きな要因だと考える」「中国人は我が強い感じがする。日本人は控えめ」「お金の欲しさが日本人よりもすごく見えてくる」「日本人は謙遜する。ルールを守る。でも中国人はルールを守らないイメージがある」「中国人は相手に対して言いたいことはすぐ言う。日本人は自分の中でいったん考えてから言う。言わない時は言わない」などの声が上がっていた。

投稿主は「日本人は中国や中国人をどう見ているのか。なぜ日本人の中国人に対するイメージはあまり良くないのか。彼らの答えはとても現実的だ。日本人の考え方を知る上でとても役に立つだろう」とした。

この動画を見た中国のネットユーザーからは、歴史問題を持ち出して日本を批判する声も多く上がっていたが、一方で「いろいろ考えさせられる」「日本人の回答はとても客観的だ」「考え方の違いを知ることができて興味深い」「互いを理解し正直にコミュニケーションすることが大事」「前向きの姿勢が必要」「もっと仲良くなりますように」などのコメントも寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携