【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

2018年の韓国映画は「寒流」、観客動員1000万人突破は1作品だけ―中国メディア

配信日時:2018年12月31日(月) 15時10分
2018年の韓国映画は「寒流」―中国メディア
画像ID  1056175
31日、中国メディアの新浪娯楽は、今年の韓国映画について「全般的なトレンドは楽観できるものではなく、観客動員数が1000万人を突破したのは1作品だけだった」と報じた。資料写真。
2018年12月31日、中国メディアの新浪娯楽は、今年の韓国映画について「全般的なトレンドは楽観できるものではなく、観客動員数が1000万人を突破したのは1作品だけだった」と報じた。

記事は、今年の観客動員数がトップだった韓国映画はファンタジー大作「神と共に」シリーズの第2弾「神と共に―因と縁」の1227万4996人で、昨年末公開で動員数2位の前作「神と共に―罪と罰」の587万2007人を合わせると同シリーズで2000万人近くを動員したと紹介した。

一方で、「3位以降は観客動員数が下がる」とし、アクション作品「安市城」が544万186人、韓国民主化闘争の実話を描いた「1987」が529万310人、コメディー作品「完璧な他人」が528万8308人だったと伝えた。

記事によると、100万人以上動員したのは原稿執筆時点で29作品だったという。

記事はまた、今年は、韓国映画界の看板俳優で「トロイカ」と呼ばれてきたソン・ガンホ、チェ・ミンシク、ソル・ギョングが主演した作品は多くなく、ソン・ガンホの「麻薬王」が12月中旬に公開されたことを除けば、他の2人は今年「ほとんど欠席状態だった」とも伝えた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事