【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本の新防衛大綱は他国に軍国主義復活の心配をさせている―米メディア

配信日時:2019年1月1日(火) 17時0分
日本の新防衛大綱は他国に軍国主義復活の心配をさせている―米メディア
画像ID  1056158
30日、参考消息は米メディアの報道を引用し、日本の新防衛大綱は他国に軍国主義復活の心配をさせていると伝えた。資料写真。
2018年12月30日、参考消息は米メディアの報道を引用し、日本の新防衛大綱は他国に軍国主義復活の心配をさせていると伝えた。

記事は、ワシントン・ポストの記事を引用。「日本は40~50機のF35戦闘機の購入を予定しており、最終的に100機になる可能性もある。これはトランプ大統領をなだめる効果がある。トランプ大統領は日本に対する巨額の貿易赤字と在日米軍の費用が莫大(ばくだい)な額であることが不満だった」と伝えた。

しかし、「この報道によると(新防衛大綱の)主な目的は、日本が自分の防衛能力を有することにある」と紹介。これは、「日本の軍国主義の歴史を思いださせるものになる」との批判の声が出ているという。

その上で、安倍首相が「これまでとは異なる速度」で改革を進めると述べていることについて、専門家からは「実際には慎重に行動しており、日本の敗戦後、軍国主義に類したことに対する人々の普遍的な不信感を非常に気にしている。第2次世界大戦時に日本は世界最大の空母艦隊を有していた」との指摘があると伝えた。

また記事は、防衛省は2隻のいずも型護衛艦は空母ではなく、「多用途運用の護衛艦」であると述べていると紹介。しかし、「この説明では日本国内外からの批判をかわすことはできていない」と指摘した。さらに朝日新聞は、「安倍首相は一線を越えた」との社説を掲載したとも伝えた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 大和武***** | (2019/01/04 23:22)

    太平洋戦争を勃発させたアメリカが日本を軍国主義と言うのは違うね!! そもそも、アメリカは日露戦争終結直後に日本を叩くための戦争計画を立て1924年に議会での承認を得てる訳だ!!それに、アメリカの真の狙いはヨーロッパ戦線への参戦でしょう!! 1939年、東ヨーロッパをドイツとソ連で分配支配する為に、9月1日にドイツが、17日にソ連がポーランドへ侵攻した。その後、英を残し仏などの国が陥落した!!しかし、同盟国のアメリカはこの戦いには参戦出来ない事情が有った!!「モンロー主義」「中立法」が邪魔をした。 参戦を可能にするには、日本を引きずり込めば良いのだ。 そこで考えられたのが、日本への経済制裁と真珠湾を攻撃させる事だ!! 機動部隊が集結すると言うデマ情報に日本は乗った。 当日の真珠湾とアメリカ本土との交信は「迎撃するな!!攻撃させよ!」 この日を境にアメリカはヨーロッパ戦線へと参戦したのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2019/01/02 00:22)

    それだけ日本の高度かつ精緻な軍備と、屈強かつ統率のとれた自衛隊に心底恐れ慄いているということか。 そりゃ~、中身のない劣悪な兵器と危険を感じた瞬間に武器を放り捨てて尻尾を巻いて逃げる軍隊しか持ってないようじゃ、どんどん差が開いてまともにやり合えなくなると感じるのは当然だからな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/01/01 23:51)

    >安倍首相が「これまでとは異なる速度」で改革を進める なぜか? 中国が凄まじい速度で「侵略主義」を付き進めているから。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事