【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

取り壊し住宅から「関東軍」と印字の小瓶見つかる、中に不明な液体―中国・ハルビン

配信日時:2018年12月31日(月) 17時50分
取り壊し住宅から「関東軍」と印字の小瓶、中に不明な液体―中国ハルビン
画像ID  1056153
31日、中国東北部・黒竜江省ハルビン市内でこのほど行われた住宅の取り壊し作業で、「関東軍」などと印字されたラベルが貼られ、中に不明な液体の入った小さな瓶が見つかったと、地元テレビ局「黒竜江広播電視台」の番組「新聞夜航」が伝えている。
2018年12月31日、中国東北部・黒竜江省ハルビン市内でこのほど行われた住宅の取り壊し作業で、「関東軍」などと印字されたラベルが貼られ、中に不明な液体の入った小さな瓶が見つかったと、地元テレビ局「黒竜江広播電視台」の番組「新聞夜航」が伝えている。

番組によると、小瓶は、ハルビン市双城区の張濤(ジャン・タオ)さんが、光華胡同付近の住宅の取り壊し作業中に見つけた。瓶のラベルに「関東軍」「昭和 年 月 日製造」などと印字されていたため、警察官とともに今月26日、市内にある「侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館」を訪ねた。

同館遺跡保護部の高玉宝(ガオ・ユーバオ)主任は、瓶のラベルに「関東軍」や「マレイン酸」などと印字されていること、「昭和 年 月 日製造」のところに昭和18年の日付のスタンプが押されていることなどから、「日本軍が中国侵略時に遺留した物である可能性が高い」と判断した。

番組は、関東軍について「日本陸軍の重要な構成要素の一つで、その名は中国東北部の金県や大連地区の『関東州』を侵略駐留したことに由来する。731部隊は関東軍の支隊だ。日本軍は1932年に731部隊の前身の防疫研究室を設立し、33年に防疫研究室を拡張、関東軍防疫班と改称し、ハルビンに移した」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ken***** | (2018/12/31 19:41)

    どうでもいいけどね!記事の中にハッキリと「マレイン酸」って書いておきながら、その説明は全くせずに、いきなり731無理矢理むすびつけようとしているなあ〜 「マレイン酸」ってネットで調べればいっぱい出てくる有名な薬品だ。いろんな用途があって抗ヒスタミン剤、ポリエステル樹脂原料,医薬原料 、接着剤原料、フマール酸、アルキッド樹脂、合成潤滑油原料などなど。まとのな記事だったら「不明な液体」と書かずに上記の説明を加えれば良い!でも豊洲問題のとき日本のメディアは朝日、毎日、赤旗のみならず産経さんも含めて”ただの地下室”を「謎の地下空洞」などと呼んで売り上げを伸ばそうとしたから似たようなもんかな? 中国の記事なのでわからんでもないが、少なくとも日本語に翻訳するときに名前の分かっている薬品の簡単な注釈ぐらいは付けて欲しいなあ〜♫
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/31 18:28)

    中国の言っていることなど、全く信用できない。 ねつ造の類だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/31 18:01)

    瓶の中身が〈病原菌〉や〈劇薬〉なら自宅の床下に隠しておくはずがない。おそらくシンナーのような〈液体洗剤〉の類であろう。もちろん飲んだら危険だが、大量死を招く兵器ではないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事