「韓国は5年後にアジアで最も幸せに」米投資家の予想に韓国ネットは疑いの目

配信日時:2019年5月16日(木) 13時20分
「韓国は5年後にアジアで最も幸せに」米投資家の予想に韓国ネットは疑いの目
画像ID  1056061
15日、韓国・文化日報によると、世界3大投資家の1人であるジム・ロジャーズ氏が今年初めに日本で初めて出版した「お金の流れで読む日本と世界の未来」の韓国語版が出版された。写真は北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領。
2019年5月15日、韓国・文化日報によると、世界3大投資家の1人であるジム・ロジャーズ氏が今年初めに日本で初めて出版した「お金の流れで読む日本と世界の未来」の韓国語版が出版された。同書は「50後か100年後に日本が消える」などと予想し話題を集めた。

記事によると、同書は最初の章から朝鮮半島の未来に言及するなど、日本と同様、韓国にも重きを置いている。日本の未来を悲観的に見ているのと反対に、韓国については「今後10~20年間、朝鮮半島統一国家が世界で最も刺激的な国になる」と予想し、「5年後にアジアで最も幸せな国」に挙げた。そのため韓国語版のタイトルは「世界で最も刺激的な国」だという。

「韓国が日本より大きな成長を遂げる」と断言する同書は、その理由として「朝鮮半島の統一」と「日本より開放的で変化を好む韓国人の気質」を挙げている。日韓の未来の最大の障害になるとされている少子高齢化問題でも、日本については「外国人に対する排他性のために解決が難しい」とみているが、韓国については「北朝鮮の開放により解決される」と楽観しているという。

さらに「北朝鮮が開放されて朝鮮半島に平和が構築され、世界中から多くの資金が韓国に流れ込めば、韓国経済を支えている大企業の役割はより拡大する」と予想。また「韓国の大企業に依存する経済構造には問題もある」とつつも「その部分は市場原理と社会の力ですでに改革されている」と評価したという。

同書の序文では、今年2月の米朝首脳によるハノイ会談が決裂したことについて「すでに始まった歴史の滔々たる流れは止められない。変わったことは何もない」としているという。

これについて韓国のネットユーザーからは「信じられない」「韓国の現状を見てもそんなことが言えるのか?」「誰かにお金をもらって書いたのでは?」「北朝鮮の首席報道官である文大統領に頼まれたのだろう」などと疑う声が上がっている。

一方で「南北の交流は必ず実現しなければならない」「統一により韓国の未来が明るくなることは確か。ただその統一が難しいということも誰もが知っている事実だ。でも、統一が無理でもせめて北朝鮮という大陸に続く門が開かれたなら、韓国は貿易でさらに有利な状況になる。韓国が今のように北朝鮮を敵対視する状況が続けば、日本のように高齢化し、経済は日本よりも厳しくなるだろう」などと主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • fuz***** | (2019/05/25 04:51)

    韓国人は全く歴史から学ばない。リーマンショック時米国主体の投資家に泣かされたのに直ぐ巧言に喜々とする。彼等こそ池に落ちた犬を棒で叩く。貧しい北の民に韓国人の所得水準は極端に引き下げられるであろう。深蒼も薄まれば薄青になる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • nya***** | (2019/05/18 08:29)

    この爺さん、既に韓国に相当突っ込んでしまったのかもな。 的外れな分析が目立つのは、少しでも早く損切りしたいんだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2019/05/17 10:02)

    犯罪すれすれの、いわゆる「風説の流布」による大儲けを狙っているのかもしれない。この手のばくち打ちがよく使う手である。但し、「アジアで最も幸せな国」という夢は実現するかもしれない。「幸せ」は主観的なものであるから本人がそう思い込めばよいだけだからだ。実は19世紀の李氏朝鮮も主観的には「この世の天国」と思っていたらしい。世界の潮流から取り残された「隠者の国」だったからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事