2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

米国抜きの「TPP11」が発効、人口5億人の巨大経済圏が誕生、日本の課題は―中国メディア

配信日時:2018年12月31日(月) 11時0分
米国抜きの「TPP11」が発効、人口5億人の巨大経済圏が誕生
画像ID  1056053
30日、「TPP11」が発効した。当初参加する予定だった米国は離脱したが、人口5億人を擁する巨大経済圏となる。写真はペルー。
2018年12月30日、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(TPP11)が米国抜きで発効した。環球網が伝えた。

日本メディアによると、日本など11カ国が参加するTPP11は人口約5億人を擁し、世界の国内総生産(GDP)の約13%を占める世界最大規模の経済圏となる。

参加国は日本、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの11カ国。今後、非関税障壁に加え関税の95%が撤廃される。

日本にとっては自動車などの工業製品の輸出が期待される一方、安価な農産物の輸入が国内産業に打撃となることも予想され、日本の農業は海外市場の開拓や競争力向上などの課題に直面することになるとの見方がある。

なお、日本は2019年2月には欧州連合(EU)との間でも経済連携協定(EPA)が発効することになっているほか、日米間でも19年から関税交渉が始まることになっており、日本の貿易戦略は新たな局面を迎えると記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/12/31 22:58)

    アメポチとしては、気が付いたら自分が中心にいて、なんだかケツの辺りがムズムズする感じですかね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/31 15:16)

    羨ましいなら最初からそう言えw 中国はTPPに混ぜてもらえなくて拗ねてるのと、今後もキャピタル・フライト加速が懸念されてるから、こんなこと抜かしてやがるのだ。以前よりも穏やかな物言いになったのは進歩と見るべきか。 おや?大陸の盲腸部分に同病者がいるようですよ? 近づいてお互いに傷を舐め合ってはいかがですか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/31 13:26)

    カナダとメキシコが加入しているなら、実質アメリカも加入しているのと同じである。中国も無理しないで〈台湾〉を加入させればいい。台湾経由で非課税品を輸入できる上、中国本土はTPPの制約に縛られずに済むはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事