米国がファーウェイ制裁呼び掛けるも欧州の反応はいま一つ―中国メディア

配信日時:2019年1月15日(火) 12時50分
米国がファーウェイ制裁呼び掛けるも欧州の反応はいま一つ―中国メディア
画像ID  1055952
14日、中国の通信機器大手、ファーウェイについて、観察者網は「米国がファーウェイ制裁を呼び掛けるも応じる国はごくわずか」と指摘する記事を掲載した。写真はファーウェイの広告。
2019年1月14日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、観察者網は「米国がファーウェイ制裁を呼び掛けるも応じる国はごくわずか」と指摘する記事を掲載した。

記事は仏AFP通信の報道を引用。「米政府が頻繁に圧力をかけているが、ファーウェイの5G設備禁止問題をめぐる欧州各国の反応は一致せず」として、「英国、フランス以外で米国に同調する国はほとんど見られない。企業ではドイツテレコムや仏オレンジが第3国の5Gプロジェクトでファーウェイと協力する考えを示した」「この微妙な現象について、AFPは『ファーウェイの設備はエリクソン、ノキア、サムスンの設備をはるかに上回っている。その5G分野における強さにあらがうことは難しい』と解説した」などと報じた。

続けて、「米国に追随してファーウェイの5G設備を禁止したオーストラリア、ニュージーランド、日本、カナダなどに比べ、欧州の状況はより複雑。なぜならファーウェイの実力がそれほどの吸引力を持っているからだ」とし、「5G技術は通信速度を飛躍的に向上させ、モノのインターネット(IoT)でもカギとなる役割を果たす。欧州はこの技術を早急に普及させたいと願っている」と紹介。あるコンサルティング会社のアナリストが「通信事業者も代替案の検討を行いはしたが、ファーウェイにより高いイノベーション能力があること、ファーウェイを選ぶことがより5Gの発展へとつながるということに気付いた」とコメントしたことにも言及した。

記事によると、18年1~9月の世界通信設備市場におけるファーウェイのシェアは28%で、ノキアとエリクソンはそれぞれ17%、13.4%だった。17年はファーウェイ27.1%、ノキア16.8%、エリクソン13.2%だという。(翻訳・編集/野谷

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/01/17 19:36)

    まあ、エシュロンであらゆる通信が傍受されてんだから、ファーウェイがどうのってのも「今更」感があるしな。これまではアメが独占してた「傍受市場」に、ファーウェイを通じて中国が参入してくるってだけの話だとも見れるし。 中国が信用出来ないのは当然として、だからといってアメが信用できるかって言うと、中国と大差はないし。 あとは、生理的に受け付けるか受け付けないか、の違いでしかないのかも知れん。 いずれにしろ、IT・通信分野で競争力を失った日本は、外国のメーカーから端末なんかを手に入れるしかないし、そうなると後は自己責任の世界だしね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事