Record China

ヘッドライン:

中国のアップルユーザーの多くがファーウェイに乗り換えている?―中国メディア

配信日時:2019年2月15日(金) 6時10分
拡大
12日、中関村在線は、中国のスマートフォン市場における2018年第4四半期の出荷台数について伝えた。写真はファーウェイの広告。

2019年2月12日、中関村在線は、中国のスマートフォン市場における18年第4四半期の出荷台数について伝えた。

記事は、調査会社IDCが11日発表した18年第4四半期の中国スマートフォン市場の出荷台数のデータを紹介。それによると、アップルの出荷台数は前年同期比19.9%減で4位だったのに対し、1位のファーウェイは同23.3%増となったという。

この結果について記事は、「これは、アップルを買っていた人たちがファーウェイを買うようになったのではないかと思ってしまう」と指摘。その理由について、「周知のとおり、中国のスマホ市場はすでに飽和状態にあるため、現在の販売台数は『現有台数の取り合い』となっている。つまり、市場の大きさは変わっていないため、あるメーカーの出荷台数が増えれば、ほかのメーカーは減るということになる」と分析した。

その上で、「ファーウェイとアップルの増減幅はちょうど約20%なので、アップルを持っていた人がファーウェイに乗り換えたのではないかとの仮設を立てたくなる。しかも、シェア2位のOPPOと3位のvivoは安定した販売台数なので、余計にそう思ってしまう」としている。

アップル苦戦の理由について、記事は「高すぎる定価戦略が、ユーザー離れを招いている」と分析。「ハイエンドモデルのユーザーは、よりコストパフォーマンスの高いファーウェイを選ぶようになっており、国産メーカーということも手伝って、アップルからファーウェイに乗り換えたという人は周りでも少なくない」と論じた。

最後に記事は、「全体的に見ると、IDCは中国のスマホ市場について楽観視できないとしている。18年の年間のスマホ出荷台数は前年比10%減となっており、上位5社の中ではファーウェイとvivoだけが増加したものの、その他のブランドは多少なりとも減少している。しかしこれらのデータは、中国ブランドが急速に台頭していることを示している」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ファーウェイ事件でカナダの大学が不安に?「中国人留学生が来なくなったら財政危機」―カナダ

格付け会社の米ムーディーズ・インベスターズ・サービスはこのほど、カナダと緊張状態が続く中国政府が学生らのカナダ留学に厳しい姿勢を見せた場合、カナダの大学は深刻な経営を迫られるとの見方を示した。写真はトロント大学。

Record China
2019年2月12日 20時50分
続きを読む

ランキング