中国のアップルユーザーの多くがファーウェイに乗り換えている?―中国メディア

配信日時:2019年2月15日(金) 6時10分
中国のアップルユーザーの多くがファーウェイに乗り換えている?―中国メディア
画像ID  1055951
12日、中関村在線は、中国のスマートフォン市場における2018年第4四半期の出荷台数について伝えた。写真はファーウェイの広告。
2019年2月12日、中関村在線は、中国のスマートフォン市場における18年第4四半期の出荷台数について伝えた。

記事は、調査会社IDCが11日発表した18年第4四半期の中国スマートフォン市場の出荷台数のデータを紹介。それによると、アップルの出荷台数は前年同期比19.9%減で4位だったのに対し、1位のファーウェイは同23.3%増となったという。

この結果について記事は、「これは、アップルを買っていた人たちがファーウェイを買うようになったのではないかと思ってしまう」と指摘。その理由について、「周知のとおり、中国のスマホ市場はすでに飽和状態にあるため、現在の販売台数は『現有台数の取り合い』となっている。つまり、市場の大きさは変わっていないため、あるメーカーの出荷台数が増えれば、ほかのメーカーは減るということになる」と分析した。

その上で、「ファーウェイとアップルの増減幅はちょうど約20%なので、アップルを持っていた人がファーウェイに乗り換えたのではないかとの仮設を立てたくなる。しかも、シェア2位のOPPOと3位のvivoは安定した販売台数なので、余計にそう思ってしまう」としている。

アップル苦戦の理由について、記事は「高すぎる定価戦略が、ユーザー離れを招いている」と分析。「ハイエンドモデルのユーザーは、よりコストパフォーマンスの高いファーウェイを選ぶようになっており、国産メーカーということも手伝って、アップルからファーウェイに乗り換えたという人は周りでも少なくない」と論じた。

最後に記事は、「全体的に見ると、IDCは中国のスマホ市場について楽観視できないとしている。18年の年間のスマホ出荷台数は前年比10%減となっており、上位5社の中ではファーウェイとvivoだけが増加したものの、その他のブランドは多少なりとも減少している。しかしこれらのデータは、中国ブランドが急速に台頭していることを示している」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事