Record China

ヘッドライン:

2年後には日本車を超える?韓国車がベトナム市場で急成長

配信日時:2019年11月28日(木) 9時0分
拡大
2019年11月26日、韓国・マネートゥデイは、「韓国の現代自動車がベトナムの自動車市場でシェア1位のトヨタ自動車に迫る成長を遂げた」と伝えた。

25日、現代自動車によると、ベトナムの生産法人HTMVの1~10月の生産量は6万1444台で、前年同期より35.3%増加した。昨年の年間生産量(5万8111台)をすでに超えたという。

記事によると、同社は17年3月に車両を委託生産していたベトナム・タインコン(Thanh Cong)グループのHTMVの持ち株を50%買収し、資本金660億ウォン(約61億円)規模の合弁会社を設立した。昨年6月にはチョン・ウィソン主席副会長がベトナムを訪れて生産と販売を督励するほどベトナムでの事業に「力を入れていた」という。

その効果はすぐに表れ、HTMVは昨年、市場シェアが2位となり、1位のトヨタとの販売台数の差は約2000台だった。今年は月間販売台数でトヨタと抜きつ抜かれつの接戦を繰り広げており、21年にはベトナム市場でシェア1位を目指しているという。

また、今後はASEANでの生産基盤をインドネシアへ広げる計画だという。現代自動車は26日、インドネシア政府と現地工場設立のための投資協約を締結した。インドネシアの自動車市場は日本のメーカーが上位5位を占め、シェアは85%に達する。ただ、チョン副会長は昨年1月に米国で開かれた「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で「インドネシア、ベトナムなどは重要な市場」とし、「日本メーカーが掌握しているが、確実な戦略があればシェア25%はすぐに達成できると思う」と自信をのぞかせたという。

これに韓国のネットユーザーからは「日本車と肩を並べるほどの競争力を持っているなんて素晴らしい」「ハノイには現代車があふれていた。タクシーやバスも現代自動車のものがとても多くて誇らしくなった」「先週ベトナムに行ったけど、現代自動車が多くてびっくりした。コスパや品質がいいからだよね?海外での成功を応援する」など称賛の声が寄せられている。

また、ベトナムでの成功の理由として「新南方政策の効果が表れ始めた」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が東南アジア諸国連合(ASEAN)との外交に力を入れたおかげだ」など文政権の政策を挙げるコメントも見られる。

昨年12月に東南アジアサッカー選手権でベトナムを10年ぶりの優勝に導いた朴恒緒(パク・ハンソ)監督の効果とみるユーザーも多く、「朴監督の影響だね」「朴監督のおかげで売り上げが上がったのでは?」「朴監督が韓国企業に対するイメージを良くしてくれたおかげだね」などが見られた。(翻訳・編集/長居)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング