【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日韓のレーダー照射問題、「日本の一方的な動画公開」で日韓の対立はエスカレートへ―中国メディア

配信日時:2018年12月29日(土) 16時30分
日韓、「日本の一方的な動画公開で対立エスカレートへ」と中国メディア
画像ID  1055816
新華網は29日、韓国の駆逐艦が日本の哨戒機にレーダーを照射した問題で、防衛省が一方的に動画を配信したことで日韓両国の対立がさらに深まる可能性があると報じた。
新華網は2018年12月29日、韓国の駆逐艦が日本の哨戒機にレーダーを照射した問題で、防衛省が一方的に動画を配信したことで日韓両国の対立がさらに深まる可能性があると報じた。

記事は、28日に防衛省が13分間に及ぶ動画を公開し、哨戒機が少なくとも2回はロックオンされたことを示したと紹介。動画では哨戒機の乗組員が「あなたたちの火器管制レーダーがこちらを照射したのを確認した。その意図は何か」と英語で3回にわたり韓国側に連絡を取ろうとする様子が映っているとした。

これに対して、韓国の国防部関係者が先日「無線通信の信号が弱く雑音だらけだった。日本側が同じ水域にいた別の護衛船と連絡を試みていると思った」と発言したことを紹介している。

そのうえで、韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官が28日に「両国が誤解を解消すべく実務レベルのビデオ会議を開催した翌日に動画を発表したことに、深い憂慮と遺憾の意を抱いた」と日本の行動を非難し、韓国の駆逐艦が当時救助任務を遂行中で、日本の哨戒機にロックオンしていないとの主張を繰り返したことを伝えた。

韓国・聯合ニュースは28日「動画に映っている日本の乗組員の話し声は『比較的平静』であり、『緊迫感』はなかった。また、韓国軍艦に対して日本側の言う『危険行為』を停止する要求をしなかった」と報じている。

記事は、崔報道官が「日韓両国による未来志向の協力関係を発展させるというわれわれの立場に変わりはない」と述べたと紹介する一方で、「日本が一方的に動画を公開したことは、日韓双方の多くの人に両国関係がさらに悪化して短期間のうちには回復できないとの憂慮を抱かせた」と評した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事