Record China

ヘッドライン:

気品ある顔立ちは劉備の子孫?Vリーグ加入の中国人選手に対する日本のテレビの紹介に、中国ネットざわつく

配信日時:2018年12月30日(日) 20時30分
拡大
2018年12月28日、鳳凰網は、日本のテレビで放送された中国人バレーボール選手の紹介に、中国のネットがざわついたとする記事を掲載した。

記事は「28日、国内最大のバレーボール掲示板で、日本のテレビで放送された劉力賓(リウ・リービン)の紹介動画がネットユーザーの熱い議論を呼び、今日最もホットな話題の1つになった」と伝えた。

劉は1995年生まれの23歳で、北京市出身。ポジションはウイングスパイカーで、2016年より中国代表に選ばれている。18年9月、Vリーグに新設されたアジア枠の選手としてJTサンダースに加入し、Vリーグ初の中国人選手となった。先日の天皇杯決勝でも主力として活躍し、チームの4年ぶりとなる優勝に貢献した。

記事は、動画の中で劉が「気品のあるその顔立ちから、三国志の英雄・劉備玄徳の末裔(まつえい)かもしれない」と紹介され、劉の写真と劉備の絵を並べて比較されたとした。さらに、劉本人に「あなたは劉備の子孫ですよね」とインタビューしたところ、劉が「いえいえ、違います」と何度も否定する様子が流れたと説明。これに対して、日本のコメンテーターが「まさに中国4000年のロマンですね」とコメントしたと伝えている。

この動画に対して、中国のネットユーザーからは「この想像力は天を突破するほどだな」「ぷぷっ、もう何がなんだか」「前に日本のテレビが中国の卓球選手を帝国の猛虎だとかなんだかって紹介したのを思い出しちゃったよ」「いやぁ、次元の壁を突破する想像力」「日本人は本当に三国志の話が好きなんだな」といった感想が寄せられている。

記事は最後に「注目すべきは、劉がクラブのメンバーと非常に仲良くしていて、しかも日本のファンたちからも喜ばれている。これは、1年前にフランスのクラブにいた時の環境とは全然異なる」とし、JTでのプレーが劉にとって充実したものになっていることを併せて伝えた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国のバレー監督が敗戦に激怒!観客の前で猛烈な「しごき」、倒れた選手の体になおもボール打ち込む―中国メディア

27日、観察者網によると、中国のバレーボール・スーパーリーグの試合で、敗れたチームのコーチが1人の選手に観客の面前での居残り特訓を行った。選手が疲労で倒れるとさらに怒りを爆発させ、猛烈な勢いで選手にボールを打ち込んだ。

Record China
2018年12月28日 20時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング