自分を「中国人」と認識の香港人、過去4年で最低に―香港メディア

配信日時:2018年12月29日(土) 11時20分
自分を「中国人」と認識の香港人、過去4年で最低に―香港メディア
画像ID  1055531
27日、香港大学が実施した香港人の意識調査で、自分を「中国人」と認識している人の割合がこの4年間で最低水準となったことが分かった。写真は香港。
2018年12月27日、米華字メディア・多維新聞によると、香港大学が実施した香港人の意識調査で、自分を「中国人」と認識している人の割合がこの4年間で最低水準となったことが分かった。

その他の写真

香港メディア・香港01の27日付報道によると、香港大学民意研究計画が12月3~6日に1005人の香港人に対して訪問や電話を通じて自身のアイディンティティーに関する意識調査を実施したところ、「香港人」にアイデンティティーを感じる人の割合が80.8%で最も多く、以下「アジア人」の74.1%、「中華民族の一部」の67.3%、「世界市民」の65.6%と続いた。

一方で「中国人」は62.4%で選択肢の中で2番目に少なく、最も少なかったのは「中華人民共和国国民」の57.1%だったという。また、「中国人」の回答率は前回調査の66.6%から4ポイント以上下落しており、2014年12月以来の最低水準となったと紹介されている。

調査では、来年の社会の発展に対する楽観指数(楽観的と回答した人の割合から、悲観的と回答した人の割合を引いたもの)は、昨年の+10ポイントから37ポイント減の-27ポイントで悲観的な見方をする人が大きく上回る結果となり、08年の調査以来の最低記録を更新したことも明らかになった。一方で、個人の発展については+22ポイントと、社会への見通しとは対照的に明るい見通しを持っている人が多いことも分かったという。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/12/29 20:32)

    >「中国人」は62.4%で選択肢の中で2番目に少なく 複数回答でなければ、ほとんどゼロだったろう。日本人に同様の質問をすれば〈日本人〉がトップで〈アジア人〉にもいくらか票が入るはずだ。しかし単独回答ならアジア人に票を入れるものはいない。香港人にとっての中国人は、日本人にとってのアジア人と同じである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事