【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

エチオピア航空で勤務していた中国人CAが「セクハラ・暴行」告発、航空会社は「まったくの捏造」と真っ向から反論―中国紙

配信日時:2018年12月28日(金) 15時20分
エチオピア航空の中国人CAがセクハラ&暴行告発、航空会社「捏造」
画像ID  1055472
28日、環球時報によると、エチオピアの航空会社で乗務員として働いていた中国人女性が、「社内でセクハラや暴行を受けたうえ、警察に逮捕される仕打ちを受けた」と主張したことについて、当該航空会社はこれを否定した。資料写真。
2018年12月28日、環球時報によると、エチオピアの航空会社で乗務員として働いていた中国人女性が、「社内でセクハラや暴行を受けたうえ、警察に逮捕される仕打ちを受けた」と主張したことについて、当該航空会社はこれを否定した。

女性が今月15日、自身の微博アカウントで掲載した告発文によると、女性は今年7月に仲介企業を通じてエチオピア航空での仕事に就いた。同航空は経費節減のために女性を1カ月の観光ビザで入国させたところ、4カ月の不法滞在になってしまったという。女性はまた「生理期間中に上司からセクハラを受けた。その録音を会社に提示したら、理由もなく解雇された」「職員から3回にわたり理由もなく暴行を受けて負傷した」などと主張した。

さらに、自動車に無理やり乗せられてCEOのオフィスに連行される、職員から消火器を噴射される、逃げ出すためにオフィスのガラスを割ったら警察に逮捕される、といった仕打ちを受けたと説明。逮捕された女性は、現地にある中国大使館の協力を得て釈放され、中国に帰国したという。なお、女性は証拠として傷付いた体の写真やビザ情報、録音した音声データも投稿している。

この告発に対して、エチオピア航空側は25日、環球時報の質問に回答。「女性は同社が募集した40人の中国人クルー研修生の1人だったが、会社のポリシーやエチオピアの法律に反する行為をしたために契約を解除した。ほかの研修生を攻撃する、オフィスの財物を破壊するといった行為は全てオフィスの監視カメラに収められている。これらの行為により、女性は警察に逮捕された。会社への謝罪文に署名したことで釈放され、中国に強制送還となった」と主張。セクハラについては「まったくの捏造(ねつぞう)だ」とした。

女性は同航空側の主張に対し、「CEOオフィスの監視カメラには、相手から強要された様子が録画されている。謝罪文への署名は、脅されて書いたもの」と改めて反論しており、双方の主張は真っ向から対立している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2018/12/28 20:26)

     中国人女性が証拠としている傷跡の写真や音声データは信用できない(航空会社が言うように、自ら行った破壊行為の際に傷付いたのかも知れないし、捏造された音声かも知れない)。仕事もせずに金が得られる賠償金目当ての告発の可能性もある=本当に主張するようなハラスメントが有ったのなら、同じような告発・あるいは裏付ける証言が同じ研修生から出てもいいはずだがそれもない(仮に自分の雇用に関わるので名乗れないにしても方法は有るはずだ)。  問題はビザの部分だが、研修なら就労ビザが必要なはずで、この点においては航空会社が脱法した可能性が残る(その落ち度=隙を狙われた告発かも知れない)。  中国人もエチオピア相手では得意の『差別だ!差別だ!』攻撃も出来ないようだ…。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • yas***** | (2018/12/28 19:23)

    残念ながら、中国人の素養というものを見聞きしているので、中国人女性の言い分側に立てない。エチオピア人を知らないので、そちら側にも立てない。 ただ一つ言えるのは、海外での振る舞いは自国の論理を持ち出さない方が良いだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/28 16:35)

    中国人と中国系メディアの言うことは、信用できない。 エチオピアも似たようなものだから、判断基準は何もない。 たまには、本当のことでも書いてみたら。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事