【募集中】韓国語社内スタッフ

【動画】中国のバレー監督が敗戦に激怒!観客の前で猛烈な「しごき」、倒れた選手の体になおもボール打ち込む―中国メディア

配信日時:2018年12月28日(金) 20時0分
バレー監督が敗戦に激怒!猛烈な「しごき」で倒れた選手になおもボール打ち込む
画像ID  1055467
27日、観察者網によると、中国のバレーボール・スーパーリーグの試合で、敗れたチームのコーチが1人の選手に観客の面前での居残り特訓を行った。選手が疲労で倒れるとさらに怒りを爆発させ、猛烈な勢いで選手にボールを打ち込んだ。
2018年12月27日、観察者網によると、中国のバレーボール・スーパーリーグの試合で、敗れたチームのコーチが1人の選手に観客の面前での居残り特訓を行った。選手が疲労で倒れるとさらに怒りを爆発させ、猛烈な勢いで選手にボールを打ち込んだ。

26日に行われた同リーグの八一―北京戦の試合後、1‐3で敗れた八一の選手1人がコーチから特訓を受ける様子を撮影した動画がネット上で拡散した。動画には、「しごき」の果てに意識を失って倒れたように見える選手に対して、コーチが思い切りボールを打ちつける様子も映っていた。

現場にいたという観客によると、選手は八一で背番号4をつけている袁党毅(ユエン・ダンイー)だという。袁は当日の試合でチーム3位の11得点を挙げる一方で、重要な場面でミスを犯していた。このため、八一の陳方(チェン・ファン)監督が北京の選手に対する表彰が行われている最中のコート内で居残りレシーブ特訓をさせたとのことだ。

観客の面前で徹底的にしごかれて倒れた袁は「入院して検査を受けた。骨に異常はないが次の試合は出られそうにない」という。

この動画がネット上で公開されると、多くのネットユーザーが陳監督に対して強い憤りを示し、「こんなやり方は選手を萎縮させるだけ」「試合会場での体罰は訓練の範囲を逸脱しており、侮辱行為の疑いがある」といったコメントを残している。

記事によると、このトラブルについて中国バレーボール協会も事態を重く見て調査に乗り出し、27日に公式サイト上で、陳監督に対して4000元(約6万5000円)の罰金と3試合の出場停止を命じる決定を発表した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/12/31 00:00)

    日本と中国は違う。 ただ昔の日本でも普通にしていた事で有り嫌がらせではなく特訓なのだから罰金支払わされた事に驚く。 中国でもお金を貰ってやっているなら< それなりの苦労はつき物ではないのか? 中国も甘くなってしまったら世界で中国の選手が国のために戦っても強くなれなくなる時代が来るだろう。 スポーツはお客の前でやるが、ミスを失くすための必死な訓練をお客の前でやる事にどんな違法性があるのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/29 00:29)

    もしかしてこれは、サ〇テレビでウン十年振りに「アタックNO.1」が再放送開始された記念のシゴキかな? いくら感慨深かったっつったって監督、ハマり過ぎだろw 熱血にもほどがあるw
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事