【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

レーダー照射問題の長期化必至、韓国国防省、映像公開にも「客観的な証拠とはみられない」と認めず

配信日時:2018年12月29日(土) 15時30分
レーダー照射、映像に対し韓国国防省「客観的な証拠とはみられない」
画像ID  1055292
海上自衛隊の哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、防衛省は当時の映像を公開した。韓国国防省は照射を改めて否定。韓国側は国内事情から、照射を認めない方針とみられ、事態の長期化は必至だ。写真はP1哨戒機。
海上自衛隊のP1哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制(FC)レーダーの照射を受けた問題で、防衛省は28日、当時の状況を撮影した映像を公開した。これに対し、韓国国防省の報道官は「客観的な証拠とはみられない」などと反論した。韓国側は国内事情から、あくまで照射を認めない方針とみられ、事態の長期化は必至だ。

防衛省によると、P1哨戒機は20日、日本海の石川県・能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で、韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」(3200トン)から、FCレーダーを照射された。駆逐艦は北朝鮮漁船を救助中だったという。

FCレーダーは艦艇や航空機などから砲弾やミサイルを発射する直前に、目標の位置や速度を正確につかむ目的で使用される。自衛隊を含む軍事用の艦艇や航空機は攻撃を回避するためFCレーダーで照射を受けた際、直ちに感知する逆探知装置を搭載している。

防衛省がホームページで公開した映像は全体で約13分。P1哨戒機は約5キロ離れた駆逐艦から最初のFCレーダーの照射を受けた。搭乗員が「FCコンタクト」と知らせたのを受け、機長は駆逐艦の砲身が自機に向いているかを確認するよう指示。その後、P1哨戒機は退避行動を取った。

約3分後に2度目の照射を探知。駆逐艦とP1哨戒機の距離は約8キロだった。P1哨戒機は無線で駆逐艦に向け、英語で「貴艦のFCレーダーがわれわれを指向したことを確認した。貴艦の行動の目的は何ですか」と3種類の周波数を使って3回呼び掛けたが、応答がなかった。

聯合ニュースによると、映像公開を受けて記者会見した韓国国防省の崔賢洙報道官は「公開に深い憂慮と遺憾」を表明する談話を発表。「わが軍が日本の哨戒機にFCレーダーを運用しなかったという事実に変わりはない」とした上、「映像は哨戒機が海上で旋回する場面や操縦士の対話の場面だけが収められており、一般常識的な側面からもFCレーダー照射したという日本側の主張に関する客観的な証拠とはみられない」などと反発した。

問題発覚後、韓国側の説明は二転三転したが、韓国内では「日本の過剰反応だ」などと世論が硬化。韓国政府としても強気の態度で日本に臨まざるを得ない状況に陥っている。

報道官は「韓日の国防協力関係を未来志向に発展させていかねばならないという立場に変わりはない」とも強調。「日本側は韓国と軍事的な友好協力関係を維持するという精神を持続的に堅持しなければならない」と訴えたが、慰安婦問題や元徴用工判決の扱いなどもあり、文在寅政権は対日関係と国内世論のはざまでますます難しい立場に追い込まれた。(編集/日向)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事