【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

なぜこの数年、日本からアジアに影響を与えるレベルの歌手が出現していないのか―中国メディア

配信日時:2018年12月29日(土) 21時0分
なぜこの数年、日本からアジアに影響を与える歌手が出ないのか―中国メディア
画像ID  1055215
26日、新京報は、日本からアジア全体に影響を与えるようなレベルの歌手が出現していない理由について分析する記事を掲載した。資料写真。
2018年12月26日、新京報は、日本からアジア全体に影響を与えるようなレベルの歌手が出現していない理由について分析する記事を掲載した。

記事は、かつてアジアでは、宇多田ヒカルや浜崎あゆみ、安室奈美恵など、多くの歌手が人気を博したが、最近では日本から同様の影響力を持つ歌手が出現していないと指摘。その理由について分析した。

記事によると、その1つの理由として「中韓音楽の急速な台頭」があるという。中韓の音楽ファンは自国の音楽作品を好む傾向があるため、日本の歌手の影響力が小さくなったとした。また、「欧米音楽の流行」も、アジアにおけるJ―POPの影響力を小さくしたと分析。ブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーン、バックストリート・ボーイズなどがいまアジアでは人気だという。

また、日本の音楽市場という観点から考えると、「アイドルグループの台頭と音楽市場の細分化」がアジアにおけるJ―POPの影響力を弱めたと記事は指摘。05年のAKB48結成を機に、日本では男女を問わずアイドルグループが多く出現したが、これらのアイドルグループはコンサートと小規模な公演を主としており、より地元のファンを重視する方向性であるため、海外市場で発展していく力が乏しいと論じた。

さらに「日本の音楽市場のさらなる細分化」も関係していると記事は紹介。マイナーなアンダーグラウンドミュージックが多く出現し、ますます重要な位置を占めるようになっているが、高度な音楽教育を受けた日本では受け入れられ発展するものの、やはりマイナーであるため、海外市場を開拓するだけの力は弱く、時々海外の音楽イベントにこれらのミュージシャンが出演するのを見る程度で、海外で宣伝や活動をするのを目にすることはほとんどないとした。

しかし記事は、「これは日本の歌手が海外で消えてしまったことを意味するわけではない」と紹介。「音楽の方向性と受け手が変化している」のであり、世界的に二次元がブームになっている中で、初音ミクはアジアや欧米でも人気であると指摘した。ほかにも、椎名林檎が東京五輪の演出メンバーに加わっていることや、B’zがハリウッドでロック殿堂入りしたことを挙げた。

そして記事は、「かつてアジアの音楽市場をリードした日本は、独立独歩で自らの転換を完成させている。より現地化したJ―POPが、優れた革新力と影響力を保持できるかどうかが、この先のミュージシャンにとって大きな課題といえる」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/12/30 00:45)

    今流行ってるのがブリちゃんやアヴリルって、日本だと約20年前だな・・・・すると、その前はセリーヌやエンヤ、ホイットニーにジャネットやティファニーにアリッサにデビー、そしてマドンナにシンディ、更に前はシーナにドナにオリビアが流行っていたのかな・・・・?さすがにそれはないかw そんで~、相変わらず中国や南米で根強い人気歌手って水木一郎と串田アキラと影山ヒロノブだよね?アニソン歌手強し!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/30 00:00)

    日本はアジアから1000年前に離れて、別の文明になりましたから、本質的に求めるものが違っちゃいました。 何に感動するかが違うんですよ。 アジアのように一般の人から隔絶した技能のある歌手より、今の日本では、一般人と同じ感覚なのに、その感覚の捉え方が鋭い人を求めているのです。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事