【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<2018年日中関係10大ニュース(4)>中国初の国際輸入博が成功、日本企業出展団が最大のハイライトに―華字紙

配信日時:2018年12月29日(土) 20時30分
2018年日中関係10大ニュース(4)中国初の国際輸入博が成功―華字紙
画像ID  1055187
26日、華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、同紙編集部が選出した「2018年日中関係10大ニュース」を伝えた。写真は中国国際輸入博覧会の会場。
2018年12月26日、華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、同紙編集部が選出した「2018年日中関係10大ニュース」を伝えた。

記事は、「2018年は日中平和友好条約締結40周年であり、日中関係が全面回復した年でもある。2018年を振り返り、読者のために日中関係10大ニュースをまとめた」とし、次のように伝えた。

(4)中国初の国際輸入博が成功、日本企業出展団が最大のハイライトに

第1回中国国際輸入博覧会が11月5日午前、上海の国家会展中心で開幕した。習近平(シー・ジンピン)国家主席が開幕式に出席し基調講演した。170余りの国と地域、国際機関から出展があった。最大規模の代表団を派遣した日本からは468企業・団体が出展し、その高い成約金額で、最も輝くスターとなった。

日本は出展企業数で最多、展示スペースの総面積で最大であり、パナソニックやソニー、伊藤忠商事、丸紅、トヨタ自動車、ホンダ、三菱などの著名企業が出展した。日本企業出展団は「オールジャパン」の統一ロゴの下、官民連携で中国の輸入拡大に応える努力を示した。ジャパン・パビリオンは「匠心×創新(たくみのこころ・そうしん)」をコンセプトに掲げ、中国の「供給側構造改革」と消費グレードアップの需要に積極的に反応した。

日中関係の全面改善をバックグラウンドに、日本企業は中国市場に注目し、先導役となっている。輸入博で、日本の多くの食品メーカーや日用品メーカーは中国の消費者に向けたプレゼンテーションを行い、ブランドを広め、口コミを獲得した。日本企業の取りまとめ窓口である日本貿易振興機構(ジェトロ)は、中国市場の巨大な潜在力を有望視し、輸入博が世界経済の発展促進につながることを期待すると表明した。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • yas***** | (2018/12/30 10:28)

    写真。やっぱりパンダを持ってくるか。プーさんじゃ・・・?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/30 00:57)

    1位はやっぱ、「唐揚げ娘」の台頭(?)だろうw 中国じゃなくて台湾だったけど。 2位はファン・ビンビンの脱税疑惑。 3位は上海万博のテーマソングに岡本〇夜の曲「そのままの君でいて」を丸パクリ!!・・・・って、それは8年も前だったなwww そうか、もうそんなに経つんか~。 で、今年のその国際輸入博ってゆー「盆」ではテーマソングに誰の曲をパクったの?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/29 21:10)

    こんな博覧会がクソの役にも立たなかったことは、先刻承知だ。 中国は貿易黒字をため込むだけでなく、輸入もするんだ、とウソの主張をするために開いた博覧会だ。 もう一つの目的は、米中貿易戦争で輸出できなくなったアメリカ企業を焦らせるためだ。でも日米の輸出品目はほとんどダブっていない。 それに、輸入博を開いて、自由貿易を盛んに謳っているのに、なぜ各国から民間の代行輸入が盛んなのか。需要があるのなら正式に輸入すればいいのに、輸入を認めないからこのようなことになる。何が自由貿易だ。 元々宣伝以外の役割がなかったのは明らかなのに、この記事では大騒ぎだ。この記事自体がウソの博覧会だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事