【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<2018年日中関係10大ニュース(2)>李克強首相が訪日、海空連絡メカニズムの運用開始、日中友好事業の再出航―華字紙

配信日時:2018年12月29日(土) 13時20分
2018年日中関係10大ニュース(2)李克強首相が訪日―華字紙
画像ID  1055181
26日、華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、同紙編集部が選出した「2018年日中関係10大ニュース」を伝えた。写真は李克強首相。
2018年12月26日、華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、同紙編集部が選出した「2018年日中関係10大ニュース」を伝えた。

記事は、「2018年は日中平和友好条約締結40周年であり、日中関係が全面回復した年でもある。2018年を振り返り、読者のために日中関係10大ニュースをまとめた」とし、次のように伝えた。

(2)李克強(リー・カーチアン)首相が訪日、海空連絡メカニズムの運用開始、日中友好事業の再出航

中国の李克強首相は5月8日から日本訪問を開始し、日中韓サミットに出席した。中国首相として11年ぶりに日本訪問した李首相に対し、日本側は国賓級の待遇を提供した。李首相は天皇陛下と会見し、安倍晋三首相と会談し、安倍首相の同行の下で北海道を訪問した。

日中両国は偶発的な衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」の運用開始で合意した。日中両国が協力を求めたものにはほかに、通貨スワップ協定やRQFII(人民元適格外国機関投資家)枠の付与などが含まれる。

李首相の訪問期間中、日中両首脳は日中平和友好条約締結の歴史的役割を高く評価し、李首相はそれを「定海神針(海の重り)」、安倍首相は「羅針盤」と呼んだ。李首相は今回の訪日を「日中平和友好事業の再出航」と位置付け、日中関係を再び正常な軌道に戻し、日中関係の長期的・安定的な発展を実現するためのものとした。安倍首相はあいさつで、日中関係が競争から協調へ向かい、再び安定的に発展する軌道に戻ると表明した。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2018/12/29 15:24)

    猿芝居だ。こんな国と友好などあり得ない。 中国は日本にことさら敵対して自国経済を悪化させてしまい、軌道修正して日本の経済力を利用したかっただけ。その上、アメリカと対立したため、日本と協力する姿勢を見せたかっただけだ。 中国が日本にすり寄っただけであって、日本の立場は依然と全く変わらない。利益があれば中国と付き合うが、リスクを負う取り引きはしない。中国にはセールストークを与えただけ。日本企業の中国撤退は、今後も加速するだろう。 記事では「海空連絡メカニズム」を、さも日本に与えた恩恵のように書いているが、これは近隣国家が意図せず紛争にならないための仕組みであり、これまで拒否してきた中国の不当さこそ記事にすべきものだ。こんな国、こんなメディアと友好など、全くあり得ない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事