Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日本企業の“みそぎ”は終わった?販売回復に中国ネットユーザー激怒―中国メディア

配信日時:2012年12月15日(土) 19時17分
拡大
13日、中国新聞網は記事「日本車の販売台数回復にネットユーザーが反感、いまだに逃げられない日本製品ボイコットの呪い」を掲載した。写真は2011年4月、上海国際モーターショーの日産ブース。
(1/3枚)

2012年12月13日、中国新聞網は記事「日本車の販売台数回復にネットユーザーが反感、いまだに逃げられない日本製品ボイコットの呪い」を掲載した。

その他の写真

中国自動車工業協会は11月期の自動車販売台数統計を発表した。尖閣問題を受け、販売台数が大きく落ち込んでいた日本メーカーだが、前月比72%増の17万台を大きく回復している。

日本ボイコットも一段落を迎えたかにみえる統計だが、中国ネットユーザーの間には不満の声が聞かれる。「中国人には意地がないのか」「まだ日本車を買おうというやからが要るとは……」「私は日本製品ボイコットを続ける」といった書き込みが集まっている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国即席麺大手企業、「尖閣諸島購入の日本に寄付」を否定―中国メディア

4日、台湾大手の康師傅(カンシーフー)は、「ライバル会社が、『カンシーフーは日本企業に経営支配されている』という悪意あるデマを飛ばし、カンシーフー製品不買運動の種火をつけた」として、公安部門に訴えた。写真はスーパーに売られている康師傅の製品。

Record China
2012年12月5日 17時36分
続きを読む

ランキング