Record China

ヘッドライン:

韓国語発音で漢字を読む韓国、中国人観光客は地下鉄で困惑―中国メディア

配信日時:2018年12月27日(木) 22時30分
拡大
韓国では中国と同じ漢字の人名や地名が数多く使われているが、その読みをどのように扱うかがよく問題になるという。写真は韓国の清州古印刷博物館。

2018年12月26日、中国青年報によると、韓国では中国と同じ漢字の人名や地名が数多く使われているが、その読みをどのように扱うかがよく問題になるという。

問題となるのは、駅や街頭などの案内を多言語で発音、表記する際。例えば「益山」という地名は、韓国では「Iksan」と読み、表記するが、中国語では「Yishan」となり、まったく異なる。人名もしかりだ。

異なる言語なのだから当然と言えば当然だが、韓国人の中には「韓国の地名や人名なのだから、現地音で発音、表記するのが当たり前だ」と強い不満を抱く人も少なくないという。

その結果、地下鉄では4カ国語でアナウンスが行われるものの、駅名だけは現地音が使われるという状況も起きている。そのため韓国を訪れた中国人観光客は中国語でアナウンスされても次はどこの駅なのか、列車がどこに向かっているのか理解できないという。

また、ある韓国人は中国語で紹介された際、金という姓を「Jin」と読まれたが、「私の姓はJinではない。Kimだ」と真顔で反論した。こうした事例は決して極端なことではなく、枚挙にいとまがない。

ただ、こうした問題は年々少しずつ減ってはいる。若い世代はこうした問題には寛容で、中国語の授業では自分の名前を中国語で呼ばれることにも興味を抱くし、韓国の地名や人名を中国語の音で耳にし、話すことにもごく自然に受け入れている。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

漢字の言葉は難し過ぎる?韓国の鉄道から“日本語”を一掃へ=韓国ネット「漢字のない世界で生きよう!」「それなら日本が敷いた線路も…」

9日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・釜山の地下鉄を運営する釜山交通公社が、日本語由来の難解な語が多い鉄道用語を平易な語に置き換える作業を進めている。写真はソウル・水色駅。

Record China
2017年11月10日 21時30分
続きを読む

ランキング