【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

東野圭吾の「禁断の魔術」が中国で物議―中国メディア

配信日時:2018年12月26日(水) 20時40分
東野圭吾の「禁断の魔術」が中国で物議―中国メディア
画像ID  1054862
25日、中国新聞網は、東野圭吾の小説「禁断の魔術」が中国で出版され、その内容について中国国内で物議を醸していると報じた。
2018年12月25日、中国新聞網は、東野圭吾の小説「禁断の魔術」が中国で出版され、その内容について中国国内で物議を醸していると報じた。

記事は、東野について、中国でも人気を集めたドラマ「ガリレオ」の原作者であり、これまで20年にわたり湯川学を主人公とする推理小説「ガリレオ」シリーズを9作手掛けてきたと紹介。その8作目に当たる「禁断の魔術」の中国語版がこのほど中国国内で出版されたとした。

そのうえで、本作について「従来の作品を踏襲する複雑な手掛かりの錯綜、精巧な推理、合理的なプロットに加え、今回は湯川学の人間らしさも見られ、よりリアリティーが増した」と評価する読者がいる一方で、中国の読者の間で二つの議論が巻き起こっていると伝えた。

一つは「お約束といった感じのストーリーで起伏がなく、意外な曲折も、邪悪な部分も、感情のもつれといったようなものも見られず、ガリレオのイメージとはかけ離れている」といった、「物足りなさ」を指摘するもの。もう一つは、本作が以前に発表した短編集「禁断の魔術」内の「猛射つ(うつ)」を長編化したものとされているが、単に「水増し」したものではないかという指摘だという。記事によると、「意図的に水増ししたものとしか思えない。そうでなければ、ストーリーがこれほどまでに平坦で味わいがないものになる説明がつかない」といった意見も出ているそうだ。

もともと科学トリックを中心に据えた短編に、詳細な人物描写、人間ドラマを肉付けすることで長編化させ、東野自身「シリーズ最高のガリレオ」と称していた本作だが、今のところ中国での評価はイマイチのよう。記事は、「現時点で書籍、映像作品評価サイト・豆瓣での評価は6.7と低水準にとどまっている」と紹介。中国語版の編集責任者が「1000人の読者がいれば、1000人のハムレットが存在して然るべき。『禁断の魔術』の中身がどうかについては、やはりちゃんと読了してから判断してもらいたい」とコメントしたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事