Record China

ヘッドライン:

上海ディズニーランドの食べ物持ち込み禁止をどう思う?中国人の9割近くが選んだ回答は…

配信日時:2019年8月13日(火) 16時10分
拡大
上海ディズニーランドで飲食物の持ち込みを拒否された大学生がディズニーランドを訴えた騒動が物議を醸す中、中国メディアの中国新聞網は12日、この問題に対する意見を問うネットアンケートを実施した。

報道によると、今年初めに大学生が飲食物を携帯して上海ディズニーランドに入園しようとしたところ、「80元(約1200円)支払って預けるか、その場で食べるか、捨てるかしなければ入園させられない」と言われた。大学生はこの規定の無効化を求めて裁判所に提訴したという。

これに対し上海ディズニーランド側は「飲食物持ち込みに関する規定は、中国のほかの多くのテーマパークやアジアのほかのディズニーランドと一致している。持参した飲食物は、園外の休憩スペースなどで食べることができる」などと説明したが、弁護士からは「消費者権益保護法(中国の法律)に違反する」との指摘が出るなど、騒動になっている。なお、米国やパリのディズニーランドでは飲食物の持ち込みは可能なようだ。

そうした中、中国新聞網が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で12日から開始した「飲食物の持ち込み禁止は理にかなっているか」を問うネットアンケートには、開始から1日余りでおよそ3万4000人が回答。最も多かったのは「不合理。消費者の権益に反する」で87.6%に上った。そのほか、「合理的。飲食も消費の一部」が6.9%、「どちらとも言えない」が5.5%となっている。

ネットユーザーのコメントには、「訴えた大学生を支持する」「無理やり園内の物を買わせようというのはいただけない」「どこの国と一致しているかは問題ではない。その国の法律を順守すべき。中国の消費者権益保護法では持ち込めると言っている」といった声がある一方、「持ち込み禁止にも一定の道理はある。たとえば、(飲食物に)問題が起きた時の責任の所在をはっきりさせるとか」といった声も上がった。

このほか、「持ち込みを禁止してもいいけど、園内の物をもう少し安くしてほしい」という声や、「まるで犯罪者かのようにかばんをひっくり返して検査されるのが一番嫌」と訴える声も散見された。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本人の創造力には感服!日本と中国のディズニーランドの差とは?=中国ネット「中国は勝てない」「東京ディズニーランドに行ったことあるけど…」

3日、先月オープンを迎えた上海ディズニーランドが国内外で注目を集める中、中国のネットニュースで日本と中国のディズニーランドの差について紹介する記事が掲載された。写真は上海ディズニーランド。

Record China
2016年7月5日 20時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング