Record China

ヘッドライン:

韓国軍レーダー照射問題で日本が「過剰反応」、韓国メディアがその理由を分析

配信日時:2018年12月25日(火) 13時0分
拡大
24日、韓国海軍の駆逐艦による日本海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、韓国・TV朝鮮は「日本の反応は過剰だ」と伝え、その理由を分析した。写真は日本外務省。

2018年12月24日、韓国海軍の駆逐艦による日本海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、韓国・TV朝鮮は「日本の反応は過剰だ」と伝え、その理由を分析した。

記事は、問題の火器管制レーダーSTIR‐180について「攻撃するターゲットの位置を正確に把握するために使用するもの、つまり照射は射撃の準備作業」とし、「照射された側は撃墜される可能性があるため敏感に反応せざるを得ない」と説明している。ただ、STIR‐180が実際に日本の哨戒機へ照準を向けたかどうかについては「曖昧だ」と伝えている。日本は「STIR‐180レーダーを照射された」と主張しているが、韓国軍は「日本の哨戒機が艦艇に接近してきたため、識別するためにSTIR‐180に付いている光学カメラを回して監視しただけ」と反論している。

また、記事は「誤解の余地があり、日本が驚くのも分かるが、この程度なら韓国の釈明を受け入れるべきではないか。韓国軍が射撃しようとしたというのは意図的な粗探しのようだ」と指摘。「一部の専門家からは『最近の悪化した日韓関係と無関係でない』との声も出ている」とし、「日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁の判決や、韓国政府による慰安婦支援財団の解散問題などでたまった不満を今回の事件にぶつけているのではないか」と分析した。さらに「安倍晋三首相の支持率が下がっていることにも注目すべき。支持率挽回に向けて反韓感情を利用するため、韓国に強硬な姿勢を見せている可能性もある」と主張した。

これに、韓国のネットユーザーからは「今回のことは100%韓国が悪い。韓国の領海ではなく中間水域にいる日本の哨戒機に射撃用レーダーを向けるなんて無謀過ぎる」「文大統領が日韓関係を破壊しようとしているから、日本も以前より強く出るんだ」「普段からちゃんと信頼関係を築いていれば、日本はすぐに韓国の説明を受け入れてくれたはず」「文政権はなぜ過ちを認められないのか」「領空を侵犯する中国の戦闘機には何も言えないのに。日本を甘く見ていると痛い目見るよ」など、韓国政府に批判的な声が上がっている。

一方で「どちらの主張も理解できる。ちゃんと話し合えばすぐ分かり合えるよ」との声や、「日本は韓国を再び侵略するための口実を探しているのでは?」と疑う声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング