2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国、国連で2番目の通常予算とPKO予算の負担国に=中国外交部「国際影響力上昇の体現」

配信日時:2018年12月25日(火) 10時20分
国連で2番目の通常予算とPKO予算の負担国に=中国外交部がコメント
画像ID  1054506
24日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で、中国が国連の2019~21年の通常予算と国連平和維持活動(PKO)予算で2番目の負担国になることについてコメントした。写真はニューヨークの国連本部ビル。
2018年12月24日、中国紙・人民日報(電子版)によると、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、中国が国連の2019~21年の通常予算と国連平和維持活動(PKO)予算で2番目の負担国になることについてコメントした。

華報道官は、国連総会本会議で19~21年の国連予算の新たな国別分担率を定める決議案が採択されたことについてコメントを求められ「国連が分担金を確定する核心的な原則は各国の支払能力だ。中国は経済全体は大きいが、1人平均の国民所得水準は低く、途上国に属する。これが中国の支払能力を評価する重要な依拠だ」とした上で、「このほど採択された国連総会の決議に基づき、今後3年間に中国が負担する通常予算とPKO予算の分担率は大幅に増えることになり、それぞれ12%と15.2%を負担する。これは中国が世界第2の経済大国として近年、経済の総量と1人平均の国民総所得が増加した結果であり、中国の国際影響力上昇の体現でもある」と述べた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2018/12/28 18:29)

    アフリカ諸国や東南アジアに「押し貸し」できる程の金持ち国なんだから、国連などへ多額の分担金を出すのは当然だと思うがw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/25 13:19)

     中国は自らを途上国としながら、他方で経済大国だと自惚れている。真の大国とは経済規模だけではなく、私利私欲を捨てた貢献(ノブレス・オブリージュ)を果たしてこそにある。それによって自称せずとも・世界中から『大国』としての尊敬を集めるのだ。  国連分担金についても、大切なのはそれに応じた貢献であり、それがいわゆる『国格』となる。拠出金額が多いから自らの言い分を通せというのは日本でも聞かれる。だが元々国連とはそういう建付けにはなっていないのだ。拠出金が多ければ国際世論を支配できる=そういう考えは正直言って下品だ。  気に入らないから辞めるでは尊敬は得られない=その尊敬こそが・坂の上の雲風に言えば『まことに小さなこの国が…』拠って立つ基盤である。それは大国になった今でも変わらない。長い年月を経て国連にも様々な改革が必要である。拠出金の金額に関らず、国際社会で堂々と世論を張れる国格を保ちたい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2018/12/25 13:13)

    「中国の国際影響力上昇の体現」 GDPの順位で国際影響力が決まる訳ではない。 勘違いするな。 特に、国連では分担金の多さで発言力が強まる事はない。 日本は、ずっと米国に次ぐ2番目に多い分担金を強いられて来たにも かかわらず、日本人スタッフはそれに見合った採用数ではなく、 圧倒的に少ない数だったし、 ギャーギャー騒げば思いどりになると思い込んでいる中韓人に まんまと洗脳された国連職員の方が多く、「反日機関」かと 思う程であった。 国連と言う組織は、 公平性・透明性に著しく欠ける上、自国の国益しか考えない常任理事国が 1国でも拒否したら否決だなんて、何をやっても成立する訳ないだろ。 こんな組織は、無意味だ。 もう解体でいいと自分は思うね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事