韓国海軍レーダー照射問題、韓国紙「日本は事を大きくしようとするな」―中国メディア

配信日時:2018年12月25日(火) 18時20分
韓国海軍レーダー照射問題、韓国紙「日本は事を大きくしようとするな」
画像ID  1054501
24日、参考消息は、韓国海軍の駆逐艦が自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について、韓国紙が「日本は事を大きくしようとするな」と報じたことを伝えた。写真は外務省。
2018年12月24日、参考消息は、韓国海軍の駆逐艦が自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について、韓国紙が「日本は事を大きくしようとするな」と報じたことを伝えた。

記事は、韓国紙・東亜日報が24日に発表した「日韓レーダー問題、事を大きくせず、外交手段で解決せよ」と題した文章を紹介。文章は、「仮に日本の排他的経済水域(EEZ)上空を飛行する哨戒機に火器管制レーダーが照射されたのであれば、日本が抗議するのも理解できる。しかし、日本の政府やメディアは、今回の事故が北朝鮮の船舶を救援するなかで起きた、故意によらないものであるという韓国側の説明を無視し、韓国海軍に『その他の意図があった』と認識しており、その反応は度を越している」と主張した。

そして、20日のレーダー照射時の状況について「海上の気象条件が悪く、高性能の火器管制レーダーを使う他に手がなかった。その過程で、付近の海上を飛行していた日本の哨戒機に遭遇したに過ぎない。もし韓国側の説明に不当な点があるのなら、外交や安全保障のルートを通じてヒアリングを行うべきだ」としている。

さらに「今回の問題は、通常の友好国間で発生したならば、説明と理解を通じて穏便に解決するはずのものだ。強制労働への賠償判決をめぐって日韓関係が冷え切っている状況の中、日本が総じて韓国の行動に対して『その他の意図がある』と難癖をつけるのは、批判を招くばかりだ。安倍晋三政権に、意図的に日韓関係の悪化を用いて国内の支持勢力を集結させようという政治目的があると認識せざるを得ない」などと批判した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事